恋人に尽くす

結婚を意識するような年齢になったら、焦ってしまいますよね。

周りには1人を満喫している人がいるけれど、結婚を意識できるような男性と仲良くなりたいな……と思うのは自然なことでしょう。

そこで今回は、結婚したい女性が最初に直すべきことをご紹介します。

焦りすぎてからまわり…結婚したい女性が最初に直すべきこと

結婚相談所に通っていることは言わないで

「結婚前提でのお付き合いしか出来ない女性なんだと思うと、ちょっと厳しい。恋愛が発展してから結婚を意識したいので」(30歳男性・自営業)

結婚願望があること自体は、出会いを遠ざけないでしょう。

ただ、男性が恋愛対象外としてしまうのは、「結婚相談所」なる公式な場に通っていることを知ったとき。

確かに結婚がゴールで、はじめから結婚に向けて歩み始められる異性を求めていると思われても仕方ありませんね。

婚活に励みたいと思っていたとしても、結婚相談所のような「結婚のための出会いの場」に通っていることは公言しないほうがベター。

恋愛から発展して結婚に至るというケースも可能性としてあるなら、ただ漠然と結婚を考えているとだけ周囲には伝えましょうね。

「隙がない」ととっつきにくい

「なにもかも完璧な女性って、結婚相手として考えにくいですよね。一緒にいて居心地が良くないような気がしてしまうので、隙があるほうが恋愛対象になります」(25歳男性/IT)

日々のオシャレをするにしろ、通勤から仕事のあとの趣味まで隙がない完璧な暮らしをしていませんか?

悪意はなくても、完璧な毎日を過ごしているのを男性が見ると「結婚相手としては無しかな」と思ってしまうんだとか。

男性のいう「隙」とは、どういった部分なのかと聞いてみると、夕方に化粧が少し取れてテカッている、ガチめの栄養ドリンクなんか飲んで気合入れているなど……。

女性らしさ全開の暮らしぶりよりも、一生懸命に目の前に向き合って、自分のことを後回しにしたり、ちょっとワイルドになっていたりするくらいの「隙」が男心には響くようですね。

こだわりが強いライフスタイルはNG

こだわりが強いライフスタイルはNG

「使っているものとか食べ物とかにこだわりが強い人の結婚は大変そう。『わたしはこういう暮らしを望んでいます』と言わんばかりの人だと、ちょっと恋愛対象からは外れてしまいます」(32歳男性/広告代理店)

毎日決まった銘柄のコーヒーを飲んでいたり、昼食は絶対にサラダを欠かさなかったり……。

強いこだわりが感じられると、「結婚したら一緒に過ごすのが大変そう」なんて印象を与えてしまうようです。

結婚を意識して、暮らしぶりも自分の大事にしていることをしっかりアピールしようと考える人も多いですが、それがかえって逆効果になってしまう可能性があることを知っておきましょう。

自分の暮らしにこだわりを持つことと、こうしたい!と優先させることはちょっと違います。

少しでも脈ありな男性が側にいるときは、自分のこだわりは全面に押し出さないように気をつけてみましょう。

「今日はご褒美に」「これを食べたい気分だった」など、ちょっとした一言を添えるだけで、男性に与える印象は「こだわりの強い人」ではなく「かわいらしい人」に変わっていきます。

一度自分を見直すことも必要かも

案外、男性は適齢期の女性のことを細かに見ていることがわかります。

また、自分に自信がある男性ばかりではないこともわかりますね。

いかに繊細な男心に気付けるか、案外側にある貴重なご縁にも目を向けられるかによって、出会いの幅は大きく変わります!

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)