彼に思いっきり甘えた~いという女性は多いと思いますが、ちょっと待って!

もしかしたら、彼の方が甘えたいのかも?

男性の星座別に、その男性が彼女に甘えたい派なのか、甘えられたい派なのかを占います。

男性の星座別♡彼は「甘えたい派」or「甘えられたい派」?

おひつじ座(3/21~4/19)

【甘えられたい派】

おひつじ座の男性は、本当は少し甘えたいくせに「平気だもん!」と強がる傾向が。

やはり彼女の前では男らしくいたいのか、甘えてほしい思いのほうが大きいよう。

頼られるとがんばっちゃうのです。

甘えられたことがうれしくて、とことんまで甘えさせてくれるでしょう。

おうし座(4/20~5/20)

【甘えられたい派】

おうし座の男性は、マイペースです。

甘えたとして、彼女の甘えられたいタイミングと合わず、冷たくあしらわれるのは耐えられないよう。

甘えられた方が自分のペースで対処できるので、楽だと思っているのです。

ふたご座(5/21~6/21)

【甘えたい派】

ふたご座の男性は、甘える・甘えられるの駆け引きが上手です。

しかし本心はというと、甘えたい派。

だいたいの願いは叶えてもらえると経験で知っているからです。

単なるちゃっかり者ですが、自分の魅力の表現がうまいと言えるでしょう。

かに座(6/22~7/22)の男性

【甘えられたい】

生来の世話好きなのが、かに座の男性です。

「○○して」と甘えられて対応することは、彼にとっては「いつもどおりにお世話をする」こと。

とくに負担なわけではありません。

甘えられたり頼まれたりしないと、勝手に世話を焼き始めるでしょう。

しし座(7/23~8/22)

【甘えたい派】

「俺はスゴイ、だから俺に頼れよ」と言わんばかりの態度をするしし座の男性。

とにかくプライドが高く、見栄っ張りです。

公的な場では、完全に甘えられたい派を気取りますが、彼女と2人きりになるとうって変わって甘えます。

おとめ座(8/23~9/22)

【甘えられたい派】

几帳面で完璧主義のおとめ座の男性ですので、貸し借りはきちんとしておきたいと思います。

甘えたら、その借りを返しますし、甘えられたら貸しを返してほしいと思うのです。

どちらのバランスも取りたい派なのが本音ですが、あえて言うなら、甘えられたい派でしょう。

てんびん座(9/23~10/23)

【甘えたい派】

てんびん座の男性は、彼女には甘えたい派です。

てんびん座は、人間関係を円滑にまわすエキスパート。

甘えるのも甘えられるも上手にこなせる星座ですが、彼女という本当の愛があるなら、他の人間関係など気にせず、思い切り甘えたいと思うのです。

さそり座(10/24~11/21)

【甘えられたい派】

用心深くて、他人になかなか心を開かないさそり座の男性ですが、彼女には甘えられると「信頼されている!」と感激。

さらに心を開き「もっと甘えて!」と思うでしょう。

甘えたい気持ちもあるのですが、やっぱり甘えられる方がうれしいのです。

いて座(11/22~12/21)

【甘えたい派】

いて座の男性は甘えたい派です。

でも、彼には彼女に甘えているという自覚がないかもしれません。

自分の好きなように行動しているだけなのですが、ナチュラルに甘えるのが得意なのでしょう。

やぎ座(12/22~1/19)

【甘えたい派】

キマジメなやぎ座の男性は、甘えられるのは、ちゃんとした理由がないとイラっとするでしょう。

普段から甘えるのは苦手ですが、彼女に対しては甘えたい派!

普段マジメな分、ストレスもたまります。

思う存分彼女に甘えて、癒やしてほしいのです。

みずがめ座(1/20~2/18)

【甘えたい派】

友だちとしてなら、甘えるのも甘えられるのも気さくにやりますが、対彼女となると、自分の好きなように行動したくなるのがみずがめ座の男性。

甘えるのも甘えられるのも、ペースを乱されるため苦手ではあるものの、甘える方が自分のペースなので、まだよしと思います。

うお座(2/19~3/20)

【甘えたい派】

12星座イチ甘えん坊なのがうお座です。

まわりに影響されやすく、傷つきやすくもあるので、女性に甘えることで癒やしを得ようとするのです。

甘えられるラブラブスイートな感じも好きではあるのですが、やっぱり甘える方が好きなのです。

甘え、甘えられ仲が深まる

男性の甘えたい・甘えられたいという傾向を占いました。

対外的には彼女に甘えられて、男らしさを見せたいけれど、本音は彼女に甘えたいという男性も多いようです。

「彼女」としては、うまくバランスをとって、甘えたり甘えさせたりしてみてくださいね。

(芦田イングリット/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)