意中の彼と仲良くなるために、いろいろと考えている女性も少なくはないはず。

でも、あまりにわざとらしい行動は、逆に不信感を持たれてしまったり、最悪の場合、嫌われてしまうことにも……。

男性は、どんな行動に「わざとらしさ」を感じるのでしょうか?

クセがすごい…!男性が「わざとらしさ」を感じる行動

知らない話に合わせてくる

「なんにでも『あーわかるわかる!』と言われると、適当に合わせてない?と言いたくなる」(29歳男性/看護)

たしかに、「にこやかに相手の話を聞き、頷いて、適度に相槌をうつ」……このように、「ちゃんと話を聞く」姿勢は、話している相手を気持ちよくさせるものではあります。

ですが、やりすぎは禁物。

話を終わらせたいから適当にウンウンと相槌を打っているのかも、と相手を不安に思わせてしまうこともあります。

分からないことは知ったふりをして相槌をうつより、素直に相手に知らないと伝えた方が話も広がるかもしれませんよ♡

ほんとに偶然…?

「この間、友達と美術館に行ったんですけど、なぜか同僚の女性もいて。
偶然かな?と思ってほっといたんですけど、常に視界に入るところにいるんですよね……。
後でランチにいった店でも視界に入るところの席にいて、意識しすぎかもしれないですけど嫌でした」(33歳男性/営業)

プライベートの彼に会いたい気持ちが高じてそのような行動になったのかもしれませんが、友達に誘われたというのは少し強引な言い訳のように感じます。

わざとかも、と相手の勘が働くと引かれてしまうこも……。

潔く私も一緒に行きたい!とさらっと誘ってしまう方が相手からの印象が良いかもしれません。

やたらと褒めてくる

「バーベキューをしたときに、なんでも『すごーい!』って言ってくれる子がいたんですけど、何をしても褒めてくるので、だんだんわざとらしいなと思ってきて……。
それ以降、他人に褒められるときは目が笑っているか、相手の表情をついつい確認してしまいます」(27歳男性/開発)

褒めると相手は喜んでくれますね。

でもあまりに頻度が高いと計算だと思われてしまうことも……。

毎回褒めるより、ここぞ!というところで褒めるほうが相手の印象に残ります。

また男女問わず、相手を褒めるときは無理に持ち上げることはせず、心からすごいと思ったときに褒めましょう。

心にないことを言うと目が笑っていなかったり、口角が下がってしまったり、表情からバレてしまうことが多いですよ。

アピールは素直に!

普段やらないことは、うまく取り繕ったつもりでも何となく相手にバレてしまうものです。

また、アピールしたい気持ちが裏目にでてしまうことも……。

わざとらしい行動を取るより、素直にアピールした方が相手からの印象は良さそうです♡

気をつけたいですね。

(愛カツ編集部)