明らかにアピールをだな、よしよし!……と思っていたのに、最近は態度が冷たい。

それだけ急に態度が変わるのにはもしかしたら、あなたの何かを見てしまったからこそ、なのかもしれません。

そこで今回は、片思いをしていたけど冷めてしまった経験のある男性に、その理由を聞いてみました!

意外とあっさり?男性が片思いの女性に冷めてしまう瞬間とは

お金目当て感を感じた

「おごるのはいいんだけど、コンビニとかで『それ俺が買わなきゃいけない?』みたいなものまで買わされたときに冷めました」(27歳男性/営業)

「予定していた高級レストランが休みだったので、近くの小さな洋食店へ行ったら、いきなり不機嫌になっちゃって……。そんな態度取られたらこっちも嫌になりますよ」(31歳男性/編集)

やはり女性から「お金目当て」という雰囲気がただようと、男性もイヤになってしまいますよね。

おごってもらったり、プレゼントをもらったりしたときには、当たり前ではありません。

おごるほうもおごられるほうも、気持ちよくなれるよう意識してみてくだいね。

普段とのギャップがありすぎる

「会社ではいつもニコニコしているので、いい子だと思っていたんです。
でもある日、コンビニの店員に文句をつけているところを目撃して、一気に冷めました。

店員さんの態度もよくはなったんですけど、いちいちケンカしなくても……」(30歳男性/経理)

普段との態度にギャップがあり過ぎるのはNG。

日ごろから我慢しすぎていると、思わぬところで爆発してしまうもの。

誰が相手でも礼節を守って接するようにしたいものです。

だらしなさすぎる

「デスクの上が散らかり過ぎていて冷めました。
忙しいのかと思ったけどいつ見ても散らかっていたので、片付けができないってことですよね」(29歳男性/保険)

「料理ができないというので話を聞いてみると、全部目分量でやっているらしくて。
できないならレシピ通り作ればいいのに……。きっとほかも大雑把なんだろうなと思いました」(32歳男性/薬剤師)

みなさんに共通していたのは「少々な、だらしなさならいいけど」というご意見。

少しくらいなら問題ないようですが、度が過ぎると冷める原因になるようです。

努力している姿が見えると、即座に「冷める」とはならないみたいなので、せめて見えるところはきちんとしてみてくださいね。

ちゃんと見られていることを意識して

意外と男性は「見た目」よりも「振る舞い」を見ているようです。

逆に言えば仕草や口調、行動にキュンとくることもあるんだとか。

外見はきれいでも中身がともなっていないと、ふとしたときに、とても悪い印象に映ってしまいます。

これを機に、あなたのいいところをさらにブラッシュアップしてみませんか?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)