彼とのケンカや価値観のズレを感じると、「このまま彼とうまくやっていけるのかな?」と不安になることもあるでしょう。

でもせっかく好きで付き合った彼と、できれば関係を長続きさせたい!という思いもあるはず。

そこで今回は、「長続きする恋」を見極める方法をご紹介します。

これをチェック!この恋が【長続きするかどうか】を見極める方法とは

連絡頻度に大きな偏りがあるかどうか

気付けば彼女からばかり連絡したり、デートに誘っていたりしませんか?

もちろん多少の偏りがあったり、2人なりにバランスが取れていたりする場合は、問題ありません。

しかし長続きしづらいのは、彼女側が「連絡しないと彼に忘れられちゃうかも……」と無理して連絡しているケース。

こんな状態では、ほぼ確実に「本当はもっと彼から連絡してほしいけど……」という思いから、彼女ばかりストレスが溜まっているはず。

このような場合は、不満が爆発する前に、一度彼と話し合いの機会を設けてもいいかもしれません。

彼に不満を伝えられるかどうか

相手に不満を持つこと自体は、決して不自然なことではありません。

しかし、その不満を片方ばかりが我慢している場合は、長続きしづらいことがあります。

そんな不満は、無意識のうちに積もり積もっていき、いつか限界を迎えることも……。

不満が生まれたとき、その都度相手に対してやさしく伝えられているなら、将来を考えるほどの信頼関係で結ばれているといえるでしょう。

ケンカになる前に話し合いができるかどうか

ケンカになる前に話し合いができるかどうか

「ケンカは多いけど、仲直りして絆が深まっている」なんてことはありませんか?

この頻度が多い場合、長続きしない可能性があります。

ケンカって、一時の感情でつい相手にキツく当たってしまうことも多いもの。

そんなケンカが続けば、いつか関係に亀裂が入る可能性も高くなりますよね。

長続きさせるためには、ケンカになる前に冷静に話し合える関係性がポイント。

それができる2人なら、相手のことをより深く理解し合い、信頼関係をより固いものにできるのです。

彼と話し合うのが大事!

彼と良好な関係を築けている時間があっても、長続きするかどうかという観点で見ると、違った見え方をしたかもしれません。

大切なのは、お互いの気持ちのバランスが取れていることと、素直な気持ちを伝えること。

これらに不安があるのなら、まず目の前の彼と話し合ってみるのが一番ですよ!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)