お付き合いしている彼からの愛情を感じたいという女性は多いのではないでしょうか?

とくに、彼が具体的な言葉や態度で気持ちを表現してくれないと、モヤモヤしてしまうかも。

でももしかしたら、あなたが気が付かないうちに、あなたへの気持ちを表現しているかもしれません。

今回は、彼の「ゾッコン度」をチェックできる方法をご紹介します!

彼の気持ちが量りかねている方は、ぜひ参考にしてみてください♡

彼の言動から分かる!あなたへの「ゾッコン度」チェック

あなたとの時間を大切にしてくれる

「大事な彼女とデートする日は、ぜったいに用事を入れないようにします。仕事もデートに合わせて前倒しに進め、急な出勤が発生しないよう工夫してます。

やっぱり彼女には迷惑をかけたくないですし、スマートな男だって思われたいんですよね。だから、当日も待ち合わせ10分前には到着するようにしてます」(27歳男性/営業職)

普段あなたと過ごしている時間、彼はどんな行動をとっているでしょう。

たとえば、デートの待ち合わせにいつも遅刻して、挙句の果てには「行けない理由ができた」といきなり予定をキャンセルしたり、リスケしたり……なんてことはありませんか?

もし、そのような行動が繰り返されるならば、彼があなたとの時間をあまり大切に思っていない可能性があります。

他にも、デート中にスマホばかりみている、話をしていてもうわの空ということが続くようであれば、要注意。

逆に、あなたが疲れていたら休憩してくれたり、次のデートのプランを積極的に計画してくれたり……。

このような行動があるときは、彼があなたに向き合ってくれている証拠です。

あなたのことを思った行動を自然とできるのが、彼があなただけを見ている1つのポイントです。

あなたの考えを尊重してくれる

「今の彼氏は、私と意見が違ったときも、耳を傾けてくれます。
もちろん彼も自分の意見もしっかり主張しますが、2人にとってどうするのがベストなのか、しっかりと考えてくれるんですよね。

私の意見を尊重してゆずってくれることもあるので、すごく愛情を感じます」(25歳女性/事務職)

彼といつも同じ考えであれば、お互いの意見がぶつかることはありませんよね。

しかし、育ってきた環境や考え方の違いから、どうしても意見が合わないこともあります。

そんなときは、どちらかが相手に合わせなければいけません。

今の彼は、妥協してくれたり、折衷案を出してくれたりしていますか?

もし、毎回のようにあなたが折れている……なんて場合は、少し自分本位な彼なのかもしれません。

また、一緒にいる時間が長くなると意見が割れる場面は多くなるので、「昔より意見を聞いてくれなくなった」と感じるのであれば要注意!

長い時間一緒にいることで、あなたへの優先順位が下がってしまっている証拠かも。

あなたの気持ちを伝えないと、どんどん彼のペースに飲み込まれてしまいますから、たまには本心をぶつけてみて。

あなたの趣味を理解してくれる

「彼はわたしと付き合うまで、演劇を生で観たことがないと言っていましたが、わたしが演劇の話をするうちに興味を持ってくれたんです。好きなことを共有できるのっていいですよね」(28歳女性/販売員)

あなたが関心を持っていることに、彼は興味を持ってくれていますか?

彼女がなにを楽しんでいるのか知りたがる行動は、「君のことをもっと知りたい」という気持ちの表れです。

これは、逆の立場でも同じことで、彼の興味に関心を示すことで、彼にあなたの気持ちを暗に伝えることができるでしょう。

なので、彼があなたの話題にあまり関心がないように見えるなら、気持ちが少し離れてしまっているのかもしれません。

あなたに関心事が向いているか

「好きな子との会話やデートでの思い出は、やっぱり自然と記憶に残りますね。
この前、彼女に、付き合い立てのころに行った遊園地でのことを話したら『よく覚えてるね!なんだかうれしい』って言われました」(30歳男性/美容師)

上記のような、些細なことだけでなく、記念日や誕生日などのイベントごとも忘れられるとガッカリしてしまいますよね。

しかしそのような記念日に彼から連絡があれば、彼はあなたとの時間を大切に思っている可能性大です。

ほかにも、あなたとの出来事を「あのときこんなことあったよね」なんて話してくれるのであれば安心して良いでしょう。

むしろ、あなたに夢中なのは確実かも。

なにげない言動で彼の気持ちがわかる

普段のなにげない行動で、彼の気持ちがあなたに向いているかどうかがわかります。

彼の気持ちがわからない……と思っている方は、彼の行動に注目してみてくださいね。

そうすれば、彼があなたを「大切な存在」として扱ってるのかが分かってくるはずです。

「好き」「愛している」などの言葉以外でも、恋愛に対する不安やモヤモヤを解消できるかもしれませんね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)