かわいくて優しいし、彼を大切にしているのに浮気される、もしくは遊ばれてしまう……そんな女性はいませんか?

どうして、彼はあなたを本命として大切にしてくれないのでしょうか?

男性にとって、「居心地の良さ」と「浮気しやすい状況」は似て非なるもののようです。

今回は彼になめられず、本命として大切にされるために必要なことをご紹介します。

なぜ大切にされないの?「居心地の良さ」と「浮気しやすい状況」の違い3つ

自分の意見をしっかりと言える

彼と会っているとき、自分のことばかり話していませんか?彼の気持ちをちゃんと聞いていますか?

そして、自分の気持ちもきちんと言葉で伝えることも大切です。

あなたが疲れていて、不機嫌だとします。疲れているのを知らず、不機嫌なことを気にした彼が気をつかって「どこか行こうか?」と誘ってくれたとき、あなたはどうしますか?

不機嫌なままついていくのか、「ごめんね。疲れてるから、今日はゆっくりしたいな」と言えるか。

自分の気持ちを話してくれない人といると疲れますよね。

大切にされる女性は相手の話もきちんと聞き、「察してよ」ではなく自分の気持ちもちゃんと言葉にできる人です。

「居心地がいい」のは、彼の話を聞きつつ、自分の気持ちも言える関係。

対して、「浮気に走りやすい」のは、自分の思いばかりを察してほしいと思っていることを意味します。

彼がして欲しいことをする

彼を大切にしているし、彼のためにいろいろやっているという人は多いと思います。

でも、それは「彼が望んでいること」ですか?

筆者の例ですが、彼の誕生日に服をプレゼントしたことがありますが、喜んでもらえないどころか、一度も着てもらえませんでした。

彼は服にはこだわりがあり、自分で服を選びたい人だったのです。

彼にプレゼントを選ぶのは楽しいですが、そのプレゼントは彼が欲しいもの、喜んでくれるものでしょうか?

「自分がしたいこと」と「彼がしてほしいこと」は違うということを肝に銘じておきましょう。

「居心地がいい」ことは、相手がしてほしいことをしていること。

対して、「浮気に走りやすい」のは、自分が相手にしてあげたいことだけをしている環境のことを意味します。

彼中心の生活にならない

彼中心の生活にならない

彼がなによりも最優先で、スケジュールも彼のために空けている、そんな女性は甘く見られてしまいます。

勉強や仕事、友達付き合い、趣味などやることはたくさんありますよね?

彼がいなくても、毎日が充実して楽しい。そんな女性を目指しましょう。

尽くしすぎている女性は、「放っておくと、ほかの奴に取られるかも」と危機感を抱かせるくらいでちょうどいいと思います。

「居心地がいい」のは、お互いに自立した対等な関係性を築けることであり、対して「浮気に走りやすい」のは、どちらかが依存しているとか、我慢している状況です。

対等な関係を築くことが大事

居心地のいい女性は愛されますが、甘く見られると浮気されます。

甘く見られないためには「あなたがいなくても平気」という姿勢も必要ですが、「俺のことはいらないんだな」とは思われないよう、さじ加減が大事です。

バランスが難しいですが相手の言いなりにならず、相手を尊重していることをうまく調整することができれば甘く見られることはないでしょう。

「居心地がよい女性」になるには、彼のことをきちんと見て、彼の話をちゃんと聞くことが必要です。

押し付けず押し付けられず、二人で話し合う機会を設けて、すてきな関係を築いてくださいね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)