好きな男性から愛されるなら、「絶対に離さない!」と思われるほどに愛されたい……こう考えるのは、なにもおかしなことではありません。

では、彼に本気で愛されるには、あなたはどうすべきなのでしょうか?

そこで今回は、男性が溺愛してしまう女性の共通点を調査しました。

この結果を参考にして、より愛される女性を目指してくださいね。

君しかいない!男性がつい「溺愛してしまう女性」の特徴とは?

依存しすぎない

溺愛される女性になるには、男性を頼る前提の思考から「お互いに助け合う」思考に変換してみて。

お互いに自立しながら関わることで、負担になりすぎることなく、長く愛情が持続するでしょう。

男性も疲れ切ったときには、彼女へ充分な愛情を注げなくなることもあるのです。

そんな彼を愛せる自立したあなたであれば、彼も「大切にしたい」と思うでしょう。

飽きさせないようにする

お付き合いをしていく中で、「安心できること」は大切な要素の1つ。

しかし、安心させすぎると、慣れからマンネリ化していき、逆に冷めてしまうきっかけにも……。

そこで、「飽き」を防ぐためにも、ときどきLINEやデートをセーブしてみるのもおすすめです。

セーブする目安として、男性が「愛情が満たされて嬉しい!」と感じた時点で切り上げるのがポイント。

たとえばLINEでは「そろそろ寝る時間だね、楽しかったよ!」、デート終わりに「明日朝早いからそろそろ帰るね!」と、自然な流れで切り上げましょう。

彼の中での期待値やドキドキが高まったままになるので、あなたへの関心も持続するでしょう。

「満足させすぎない」ことが決め手になるはずです。

よき理解者になる

溺愛されるには、「心の拠り所」になることも大切です。

自分にとってなくてはならない存在だからこそ、感謝や愛着が芽生えて大切にしたいと思うもの。

心の拠り所になるため、彼の思考や好みを肯定するなど、彼の一番の理解者になることを目指しましょう。

自分の価値観と一致しない場合でも、「あなたを理解したい」という姿勢を見せていけるとよいですね。

愛されるためには、まず自分から愛情を注ぎましょう。

いつも笑顔でいること

日々の仕事でストレスを抱える男性ほど、癒やしを求める傾向があります。

いつも笑顔でいる女性は、ネガティブな気持ちをコントロールして、他人の気持ちを尊重できる人も多いように思います。

まずは自分自身の感情の起伏と向き合い、他人を大切にする余裕を作っていきましょう。

彼も、その芯の強さや思いやりに魅了されていくはずです。

自分から愛情を注いで

男性に溺愛される女性は、追わせることと癒やしになることの2つを心得ています。

恋愛モードにさせるだけでなく、恋心から愛情へと発展させる過程もあるため、男性を虜にするでしょう。

恋愛するとついつい相手に求めてしまいがち。

自分から愛情を注ぐことを意識して、お互いの居場所になれる幸せな恋愛関係を築きましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)