彼の家にお泊りした翌朝、目が覚めたらそこに愛する人がいるなんて、とても幸せな状況ですよね。

せっかくなら、お泊まりデートでもっと距離を縮めたいもの。

そこで、「男性が喜ぶ寝起きのひと言」を実際に聞いてみましたので、ご紹介いたします!

お泊まりデートで彼氏が喜ぶ「寝起きのひと言」とは…?

朝食を一緒に食べる

「初めて彼女の家に泊まったときなんですけど、朝になったら隣に(彼女が)いなくて……。
ベッドの上であちこち見てたら、キッチンから『おはよう』って声がして、傍に寄ってきてくれたんです。
『ごはんできてるよ』って言われたときは、幸せを感じましたね」(28歳男性/出版)

普段、自分で食事を用意している方であれば、起き抜けに食事が用意されている状況は、嬉しいものでしょう。

また、付き合っていても、朝食を一緒に食べる機会は少ないはず。

同じ朝の風景を過ごせることに、新鮮さを感じてもらえるでしょう。

ひどい寝ぐせ

「彼女と一緒に寝ていて、同じくらいに目が覚めたんですけど、お互いに寝ぐせがヤバくて……笑
朝からお互いに冗談を言いながら笑えたのは、なんかめっちゃ幸せでしたね」(24男性/印刷)

付き合っていると、自分の恥ずかしい姿は見せたくない、と思うもの。

しかし、お泊まりデートでは、どうしても素の自分が見られてしまいます。

飾らない自分を見ても笑いあえる関係だ、と思わせることで、これからも長いお付き合いができそう!

また、些細なことでも笑顔になれる素敵なカップルを目指せるはず。

引き止めてみる

「彼女が泊りに来た次の日、朝から出かける予定だったので、起きようとしたんです。
そしたら『もうちょっとこのまま』って抱きついてきてくれて。それがなんか嬉しくて、大事にしよう……と思いました」(24歳男性/金融)

内心、「このままでいたい」と思っていても、自分から言いづらい男性もいるかと思います。

それを彼女のほうから「離れたくない」と意思表示すれば、喜んでもらえるはず!

素直に甘えられれば、なんだかんだ言いながらも応えてくれるでしょう。

焦らしてみる

「朝起きてキスしようとしたら、『待って、シャワー浴びてくる』と行ってしまいました。朝からちょっとドキッとさせられました」(29歳男性/家電量販店)

彼女としては、昨日の状態のままで彼といたくなかったんでしょう。

そんな、女性らしい、意地らしさが垣間見えるひと言。

男性としては、戻ってくるのが待ち遠しくなる言葉かもしれません。

お泊まりで彼の心を掴もう

お泊まりデートは、彼との距離をグッと縮めるチャンスです。

一方、意識していないからこそ、不快な思いをさせてしまう可能性もあります。

どうぞ、彼が喜ぶような言葉をかけて、幸せな時間にしてください。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)