言いたいことはハッキリ言う、裏表がないなど、さっぱりした性格の「サバサバ系女子」は、男性にとっても、女性にとっても魅力的に見えるものです。

でも、「さっぱりした性格」を取り違えてしまうと、ちょっと厄介な「自称サバサバ系女子」になってしまう可能性があるようで……。

そこで今回は、残念すぎる「自称サバサバ系女子」の特徴をご紹介します。

いるいる!残念すぎる「自称サバサバ系女子」の特徴

否定ばかりする

イヤなことや無理な要望を我慢して受け入れるのではなく、自分の意見をスパッと言えると、サバサバしていて感じがいい印象ですよね。

ただし、いくら自分の意見を言うといっても、オブラートに包まず「嫌い」を連呼していると、「ただ感じが悪い女性」になってしまいます。

否定ばかりするのはよくありません。

「嫌い」「イヤだ」という意見を言うためには、それなりに根拠や理論が必要。

理路整然と話すことを心がけてみませんか?

悪口を言う

陰でネチネチ悪口を言うのは絶対ダメですが、本人の前でなんでも言えばいいということでもありません。

「あの子空気読めないよね」「ブリっ子キライなんだよね」なんて「大声で悪口を言う」のはただの間違い。

ただ「女性のイヤなところが出ただけ」になりかねませんのでご注意です。

恥じらいがなさすぎる

いくらサッパリしていると言っても、男性がいるにもかかわらず下ネタを堂々と言う、夜の話をするなど、恥じらいのない女性はモテません。

ここまでいくと「サバサバ」を通り越して「下品」な印象に……。

多少下ネタに寛容なくらいであればいいのですが、節度は守ったほうがよさそうです。

女性と関わらない

いわゆる「連れション」や、女子会など、女性はまとまって行動することがよくあります。

「サバサバ女子」を目指して、ひとりでいようとしたり、男性と過ごしたりするのはよいのですが……。

あまりにも女性との関わりが少ないと、男性からは「友達がいない?」「性格悪い?」と思われてしまうこともありますよ。

本当にサバサバしている人は、男女平等に接するもの。

「群れる」を避けすぎて「孤立」してしまわないように、気をつけたほうがよさそうです。

いいサバサバ系を目指して

「サバサバ」=「女性っぽくない」というイメージもありますが、筆者の知る「モテるサバサバ系女子」は、ここぞというところでちゃんと「女性らしさ」を出しているものです。

「自称サバサバ系女子」にならないためには、女性であることのいい面をきちんと持ち続けることが、欠かせないのではないでしょうか?

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)