恋愛は、待っているだけでは始まりません。

とはいえ、社会人の女性は、仕事をしながらプライベートの時間をしっかり確保するのが難しいものです。

そこで今回は、そんな女性たちのための「出会い方」について4つご紹介します。

実際のエピソードもあわせて参考にしてみてくださいね。

すでに出会ってるかも?【運命の人】を見つける方法

身近な男性を見直してみる

「出会いがないなら、いっそ自分の周囲にいる男性を思い返してみるのもアリですよね。
たとえば、同僚の男性。普段過ごしているぶんには、惹かれることはなかったですが、意外と真面目だし、優しいしいいなと思ってから、即アプローチ。会社に秘密で付き合うようになりました。
頭で考えて良さそうな男性がいたら、とりあえずアプローチをかけるのがオススメですよ」(28歳女性/事務)

恋愛対象外だった男性も、見直すことで「いいかも」と思えるかもしれません。

出会いがないと思っていても、案外すでに出会っている可能性もあるのです。

早めに結婚したい女性にもおすすめですよ。

集まりには率先して参加する

「恋愛の出会いといえば、男性との出会いを優先しがちですよね。
もともと友達が多い私は、恋人がいなくなると友達とよく遊びます。
類は友を呼ぶと言うように、友達が連れてきた友人男性などは気があうことが多いです。
友達と飲んだお店の男性と仲良くなったことがありますよ。
一人で自宅にいて、イケメンが家庭訪問に来るなんてことは絶対ないですし、外に率先して出るべきです(笑)」(28歳女性/弁護士)

出会い方を重視してしまうと、つい出会いの場に足を運んでしまいがちです。

しかし、友達との関係を大切にすることで、出会いにつながる場合もあるようですよ。

家と職場以外に居場所を作る

「ジムに通うなどの習い事をしてみるのも、オススメです。
だって、仕事場と家の往復では男性と出会うなんて数少ないものですから。仕事の前に喫茶店に足を運んでみるのもいいでしょう。
継続的に行くことができて、これまでの自分と違う生活圏に行くべきです。
そして気になった男性には、素直に声をかけるといいと思います。
女性ほどナンパに身構えずに、『どうしました?』と意外とカジュアルに話してくれますよ」(32歳女性/SE)

いままでと同じような生活を続けていたら、結局同じような男性としか接点を持てません。

いろいろな男性と出会いたいと思ったら、新しい居場所を開拓していくことも大切ですよ。

マッチングアプリを使ってみる

「マッチングサービスがオススメです。仕事から疲れて帰ってきても、ソファーでゴロゴロしながら気軽に出会うことができます。
危険なんじゃ?と友達は言いますが、しっかりと審査があるマッチングサービスも増えていますし、メッセージのやりとりをしてから出会えば大丈夫です。
人目が多い場所で初対面をするなど、基本的なことができていればとくに問題はないと思います」(27歳女性/経理)

いまや出会いの定番ツールとなったマッチングアプリ。

いつでもどこでも出会えることが、長所のひとつでしょう。

「出会いがない!」と嘆く前に…

出会いがないと思ったら、まずは自分から行動してみましょう。

職場と自宅の往復では、出会いがないのは当然のことですよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)