LINEの返信速度で、相手の好意を測った経験はありませんか?

しかし、「LINEをため込むのが嫌なだけ」なんて理由で返信を返しているだけかもしれません。

LINEの脈あり・脈なしを判断するのには、複数の条件の組み合わせで判断したほうがより正確です。

そこで今回は、いくつかの条件の組み合わせでわかる、早めに撤退したほうがいい「脈なしLINEの傾向」についてご紹介します!

返信が早くても…組み合わせでわかる!脈なしLINEの傾向

敬語+淡泊

「好きな人でも、年上の場合は基本的に敬語です。相手がタメや年下でも、興味がない子には、距離を保ちたいから敬語にします。ラリーも続けないので、やり取りが一往復したらあとはスルーします」(24歳男性/公務員)

文章の細かいニュアンスがわかりにくいLINEでは、ついつい敬語を使いがちという男性もいるでしょう。

しかし、いつまでも敬語+超シンプルな返信しかない、という彼は残念ながら脈なしの可能性大!

情報量は少ないけど、感情を読ませたくない、距離を縮めたくない気持ちだけは伝わってくるはずです。

即レス+濁した断り方

「興味ない子からデートに誘われたら、期待させ続けても悪いので、すぐ断っちゃいます。
『その日はダメだな』だと『いつならいい?』と聞かれちゃうので『ちょっと厳しいかな』みたいな言い方で……。

即レスなのにふんわりした理由で断る男は、自分に興味ないんだな、ってことだとわかってほしい」(26歳男性/商社)

嫌いじゃないけど、デートする気はなし。

がっかりさせたくはないから、はやめに断ろう……。

そんなときの男性は「即レスなのにふんわりしたお断り」を入れるでしょう。

ちょっとでも興味があれば、同じ即レスでも「予定見てみるね」とか、レスは遅くても「〇日ならOK」など、具体的な返事をくれるはず。

「いけたら行く」や「以後の調整なし」も、残念ながら脈なしだと思ったほうが良いパターンかも。

重い会話+スタンプ

「ただの友だちや、恋愛対象じゃない子でも、雑談LINEくらいは付き合いますよ。

でも、恋愛のことに探りが入ったり、重めな話になったりすると、スタンプで終わらせちゃうことも……。
『やばい空気になったな』って感じ」(27歳男性/不動産)

もともと、友達の女性に対しては露骨に冷たい扱いはできないけど、恋愛対象ではない。

そんな場合は、スタンプでひとまず返信→追撃はスルー、というパターンを踏む男性も多いみたい。

ただ、話もしたくないとは限らず「恋愛対象じゃない女性に、LINEのラリーで時間を取られるのが嫌」なケースも……。

態度からは見わけが難しいので、自分で「アレ……?」と思ったら、一度冷静になって考え直してみたほうがよさそうですね。

スマホをよくいじる+遅レス

「本来、僕はスマホの通知が気になるほう。
スマートウォッチを使って、すぐ確認してます。
だからLINEも来たことはすぐわかるんだけど、気が進まないと返信をさぼりがち。

『LINE、苦手なんだね』って思われたほうが楽ですね」(28歳男性/アパレル)

返信の遅い彼とリアルに会うと、結構マメにスマホを気にしている……。

つまりは「いつも見てるのに、返信はしない」ということ。

何かの駆け引きの場合もなくはないですが、普段はすぐ返信しない相手を前に、平気でスマホをいじってみせる。

これだけでも、かなりの脈なしサインと言えるでしょう。

組み合わせで判断してみて

返信が遅くても早くても、敬語でもスタンプ返信でも、それぞれに脈ありパターンはあります。

でも、こんな態度の組み合わせは「脈なし」の可能性が高いでしょう。

そんな相手に、LINEで食い下がるのはムリかも……。

でも、どうしてもあきらめきれないなら、LINEに頼らない攻略法を考えたほうがいいでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)