職場には、意外と恋のチャンスが眠っています。

しかし、気になる彼が職場にいてもなかなか、アピールってしにくいですよね。

仕事という大前提を踏まえたうえで、彼にさりげなくアピールするためには、どうすればいいのでしょうか。

今回は、職場の女の子に言われて嬉しかったセリフを男性に調査してきました。

職場で彼のハートをつかもう!男性が言われて嬉しかったセリフ

「家でもちゃんとしてそうだよね」

「職場の気になる子に『いつもピシっとしてて綺麗だよね』『清潔感があって安心できるし、家でもちゃんとしてそうだよね』って言われました。この言葉、言われてとてもうれしくなりました」(29歳男性/印刷)

男性は、一人前の大人の男として信頼されることにうれしさを感じます。

そのため、生活面でも「ちゃんとしてそう」と言われるのは、うれしいものです。

「清潔感がない男はNG」という情報は、男性陣もよく耳にします。

職場での様子、持ち物、身なりに気を使って清潔感を感じられることを伝えてあげましょう。

そして、「家でも」ちゃんとしてそうと言ってあげれば、相手の男性も自信を持てるはずですよ。

「○○くんがいると助かる!」

「みんなより少しパソコンに詳しいんですが、『突然変な画面になった』とか『こうしたいのにできない』と聞こえると、僕がかけつけます。

パパっと操作してあげると、『○○くんがいると助かる~!』と言われて。好意どうこうを抜きにしても、つい、うれしくなってしまいます」(31歳男性/アパレル)

仕事っぷりから頼りにされるのは、たとえ恋愛とは無関係でもうれしいものです。

それが、女性からだと、なおうれしさを感じるのが、男性というもの。

普段の能力を知っているからこそ、「○○くんがいたら助かるのに」と言われるのもうれしい傾向にあるようです。

職場の男性で、なにか得意分野をもっている、気になる彼がいるなら、そんなふうに言えるチャンスをねらってみてください。

「○○くんがいないとダメ」

「『○○できたの凄くない?凄いでしょ!』と、先輩が言ってきました。

思いっきり褒めたんですが、『やった~! やっぱ私、○○くんに褒めてもらわないとダメ~』と冗談交じりに言われて、凄く嬉しかったです」(28歳男性/建築)

スキルや仕事を評価してもらえるのは、当たり前のようにうれしいです。

でも、人間性や、存在そのものを頼りにされているなら、男性はもっと自信が持てるもの。

元気づけるのが上手い、一緒にいるとほっとする……などなど、感じていることは素直に伝えるのが正解ですよ。

「ちょっとサボろうよ」

「ちょっとサボろうよ~」

「最近気になっている先輩がシフトで一緒だったとき、仕事がヒマになってしまいました。

すると、『ちょっとサボろうよ~』と誘われ、のんびりお店の裏で話をしました。一緒に時間を過ごそうとしてくれるのが嬉しかったです!」(27歳男性/飲食)

なにげない職場の1コマですが、ちょっと声をかけるだけでも、男性は嬉しくなるもの。

もちろん忙しいときにさぼろうと誘うのはNGです。

しかし、仕事をしている最中であれば、作業を一緒にしたり、「私も一緒にやる!」と言ってあげたりするのもオススメです。

ちょっとしたきっかけを作ろう

職場では、いきなり恋愛を持ち込むことも難しいですし、そういう雰囲気にもなりにくいもの。

でも、仕事の合間、ちょっとした1コマが、恋を芽生えさせることも多いものです。

能力や人間性を褒めたり、さりげなく、「あなたと一緒にいたい」というメッセージを伝えたりしてみてはいかがでしょうか。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)