好きな男性と付き合えたら嬉しいのはもちろんですが、付き合うことがゴールではないはず。

付き合ってからも彼といい関係を作れるように、なにか意識していることはありますか?

そこで今回は、デート中やLINEで意識したい気遣いをご紹介します!

こんな「気遣い」が心をつかむ!デートやLINEで意識したいポイントは…

たまには彼にご馳走する

彼が仕事でストレスを抱えていたり、心身が疲れ切っている場合もあるでしょう。

そんなときは、ゆっくり休むこと以外にも、美味しいものを食べることでストレスや心身の疲労をうまく解消できそうです。

ご馳走するのは男性の役目と思わず、「たまには私がおごってあげるよ」と言ってみるもの良いですね。

時々でも構いませんので、食事代くらいは出してあげてもいいのかも。

「好きなもの注文していいよ」「何が食べたい?」と、彼に尽くしてみましょう。

あなたの気遣いに好感を持ち、彼はますます仲良くしていきたいと思うかもしれません。

前向きな言葉をかける

好きな人からの言葉は、素直に聞き入れてしまうほど影響力があるかと思います。

あなたから前向きな言葉をかけられたら、彼の心も自然と穏やかになるでしょう。

たとえば、彼が仕事で苦労している様子なら、「ムリしてない?」「ゆっくり休んで」、何かに悩んでいる様子なら「話だけでも聞くよ」「大丈夫?」など。

相手の心配や、励みになる言葉をかけてあげられるのは、それだけ相手への興味関心や愛情があるからこそ。

そんなふうに「まっすぐな気持ち」をもって付き合ってくれる相手はなかなかいないと感じ、愛が深まるかもしれませんね。

彼への思いを言葉にする

デートの感想や彼への思いを、言葉にして伝えることも大事かもしれません。

具体的には、「ああ、デートが終わっちゃう」「〇〇に会えないから寂しい」「〇〇がいなかったから、つまらなかったよ」「今度は一緒に、〇〇行こうね」など。

彼の存在感を気にして言葉がけをすれば、彼も喜んでくれるでしょう。

あなたの気持ちが伝わると、仲良くなる手立ても見えてくるため、ふたりの関係の進展も望めますね。

さりげないひとことで距離が縮まる!

いずれも、いたって何気ない言葉ばかりです。

だからこそ実践しやすく、少しずつ自然体な関係を築けるはず。

「彼と仲良くやっていきたい」と思ったら、ぜひ少しずつでも意識してみてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)