好きな人が脈ありかわからないと「諦めた方がいいのかな」とネガティブに考えてしまうことも。

ところが、諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。

「脈なしっぽい……」と思っていても、じつは「本命だった」というケースは少なくないのです!

そこで今回は、男性のわかりにくい「本命サイン」をご紹介します。

脈なしっぽいけど…男性のわかりにくい「本命サイン」

自慢話ばかりする

人と仲良くなるためには「相手の話を聞くこと」が基本です。

自慢話ばかりの男性と話すと、「私には興味がないんだろうな」と感じてしまいますよね。

しかし、男性は好きすぎて自慢話に走っているのかもしれません。

男性は好きな女性の前で「能力をアピールしたくなる性質」を持っています。

「話を聞かないと」と分かっているのに、ついつい自分を大きく見せたがることもあるのです。

他の人の前でも同じように自慢話をしているかどうか、じっくり観察して見極めてみましょう。

また、ある程度褒めれば男性の心は満たされるため、少しずつ女性の話を聞く余裕が生まれます。

ふたりきりのときに無口になる

好きになればなるほど、緊張のあまり喋れなくなる男性もいます。

積極的に話してくれる男性ばかりではないのです。

なかには好きな人と目すら合わせられない男性もいて、女性から誤解されてしまう原因に。

「ふたりきりのときに無口」なのは、男性が恋愛対象として意識しすぎているだけかもしれません。

複数人でいる時は話しかけてくれたり、他の人と話す時は無口にならないのなら、本命の可能性は高めです。

「彼に嫌われているかも」と考えると距離を取りたくなりますが、それがむしろ逆効果になるケースも。

彼が会話しやすくなるように、適度に質問をしたり、上手に相槌やリアクションを重ねましょう。

人前で避ける

「周囲に好きだとバレたくない」と思うと、好きな女性のことを極端に避けたり、冷たい対応でスルーしてしまうことがあります。

「やけに避けられている」と思ったら、じつは「好きの裏返し」というケースも考えられるのです。

そして、男性に「好き避け」されているときは、女性側が引いてしまえば恋愛が進展しにくくなります。

「好きだとバレたくない」という心理の根本には、「失敗するのが怖い」という気持ちが隠れているもの。

彼の不安を和らげるために、好意的なコミュニケーションを重ねましょう。

女性からの好意サインが読み取れれば、彼も意を決してアプローチしてくれるかもしれません。

既読してから返信が遅い

既読から1時間後に連絡が来たり、半日も経ってから返信があったり……。

好きな男性から既読スルーされると、とても悲しい気持ちになりますよね。

ところが、男性目線では「好きすぎて返信に迷っているだけ」ということもあるようです。

いい文面を考えるうちに時間が過ぎて、結果的に既読スルーになってしまったということ。

時間が経ってもちゃんと返信が来るなら、そこまで心配しなくていいのかもしれません。

大切なのは「彼がどんな文面を送ってくれたか」ですよ。

ネガティブにならないで

恋愛中はどうしても、悪い方向に考えたり不安になりがち。

ですが、意外とポジティブに考えて大丈夫なケースもたくさんあります。

シャイな彼に合わせて、あなたからも少しずつ、積極的なコミュニケーションを増やしてみましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)