何度かデートしているのに、なかなか関係が進展しない……

そんなときもしかしたら、相手の男性は心の中であれこれ考えすぎて、迷っているのかも。

男性が「どうしても付き合いたい」「この子以外考えられない」と感じた瞬間について聞いてみました。

気になる彼と微妙な距離感にある方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性が「この子以外考えられない!」と感じる瞬間3つ

「次がない」と感じたとき

「なんとなくダラダラ会ってしまっていた子がいたんですが、『留学を考えているので、もう会えないかもしれません』と言われて『失いたくない!』と思ったんです。慌てて告白しました」(26歳男性/電機メーカー)

付き合わなくても、普通に遊べる状況だったら、わざわざ告白しなくてもいいや……と思ってしまう男性もいるでしょう。

むしろ、あなたとの関係が壊れてしまうことを心配して、勇気が出ないのかも。

ダラダラと会い続けていても、進展する見込みがなかったら、女性側からアクションを起こすことも大事。

「今しかない」と思わせることで、優先順位がグッと上がるはず。

独占欲が刺激されたとき

「気になってた子と会ったときになんとなくテンションが低く感じたので聞いたら、『結婚前提に付き合って欲しいと言われている男性がいて、迷ってる』と言われたんです。

他の男性に取られるかも!と思ったら急に焦って『俺と付き合ってほしい』と口から出ていました」(27歳男性/音楽関係)

他の男性の存在を出すのは賭けです。

状況によっては「モテ自慢?嫌味?」と取られてしまう場合もあるかもしれません。

しかし、ある程度、付き合うか付き合わないかの親しい関係になっているのであれば、賭けにでてもいいかも。

「ふーん」と他人事のような反応をされた場合は、それまでの気持ちだと思ったほうがいいでしょう。

居心地の良さを感じたとき

「居酒屋の個室で飲んでいたとき、途中で会話が続かなくなったんですが、それでもニコニコっとしてくつろいでくれている姿を見たときに『この子を逃してはいけない!』と思いました」(30歳男性/医療関係)

一緒にいて自然体で過ごせる相手って、貴重ですよね。

会話が盛り上がるかどうか、自分の話を聞いてくれるかどうか、を重視する方も多いかもしれません。

しかし、無言でいても居心地よく感じるかどうか、を重視しているという意見もよく聞きます。

デートの最中は、緊張するかもしれませんが、素の自分を見せることも大切になるでしょう。

現状から脱却するために

なにかと考えすぎる男性の場合、「付き合ったら責任取らないといけないから面倒」と思っているかもしれません。

他にも、「すでに仲が良いので現状維持したい」という場合には、告白へのハードルがぐっとと高くなってしまうのかも……。

そんな男性には、「ちゃんと告白しないと逃げられる!」という、危機感や独占欲を湧かせると効果的かもしれませんね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)