恋のチャンスは、どこにでも落ちているわけではありません。

その都度の出会いやきっかけを、最大限に活かしてこそ、最高の恋愛ができるのです。

そのためには、一度会った男性に「もう一度会いたい」と思ってもらうのが、重要になるでしょう。

今回は、男性に「もう一度会いたい!」と思わせる心理テクをご紹介します。

【スイッチオン】男性に「もう一度会いたい!」と思わせる心理テク

デートの終盤にあえて途中退席する

人間は、途中で中断せずにやり遂げた課題よりも、中断した課題の方が、鮮明に内容を記憶していることがあります。

この心理を応用した、あなたの印象を強く残す心理テクニックがあります。

デートの途中で、スマホをさりげなく見て、次の予定が入ったかのように見せて急いで退席すること。

そうすることで、相手はあなたのことが強く記憶に残り、「また会いたい」と思う可能性が高まるでしょう。

しかし、デートで盛り上がっているときではなく、別れる直前の10分ほど前に切り出すのが大事です。

そうしないと、ただのマナーが悪い方になってしまうので、注意してくださいね。

デートの終了後に「オマケ」をつけて

テレビの販売チャンネルなどで、「今ならこれもついてきますよ!」とオマケをつけてくれる、といった売り方を見たことはありませんか。

じつはこれ、きちんとした心理テクニックなのです。

「オマケ」がついてくることでお得感が演出されるため、何となく得した気分になり、好印象を抱く傾向があるのです。

これを活かして、デートを終えたあとに「オマケ」をつけてみましょう。

その方法は、「バイバイ」と別れを告げたあと、もう一度振り返って笑顔で手を振るだけ。

一見地味ですが、後からじわじわ効いてくるため、彼は、きっとまたあなたに会いたくなること間違いナシですよ。

ささいなお願いを何度もする

ハードルが低いお願いを繰り返すと、次第に難易度の高いお願いを通しやすくなる心理テクニックがあります。

たとえば、「ペン貸して」から「本を貸して」、そして「学食でご飯食べよ!」など、お願いのハードルを上げていくのです。

そうすると、次第に彼はあなたと接しやすくなるでしょう。

さらに、「気軽に相手から声を掛けてくれる=また会いたくなる」という気持ちの変化が生まれる可能性も高まります。

あなたに会うハードルもグッと低くなりますよ。

さり気なく相手の身だしなみを整える

さり気なく相手の身だしなみを整える

気になる彼の服についた糸くずや髪の毛などを、通りすがりでさり気なく取るのも有効な心理テクニックです。

仮についていなくても、とってあげる仕草だけでも大丈夫。

身体的な距離が縮まる瞬間が生まれることで、併せて心理的な距離感も縮まるもの。

そのため、きっと彼は授業中もあなたのことが気になるでしょう。

ただし、あくまでもちょっとした気を利かせた行為として、あまり馴れ馴れしく見えすぎないように気をつけてくださいね。

「腹八分目」を意識するのが大事?

相手に「また会いたい」と思ってもらうためには、「もう少し話したい」「一緒にいたい」と思わせるのが大事です。

完全に満腹状態にさせず、「腹八分目」を意識して接するのがポイントになるでしょう。

そのため、ズルズルと長話をするより、適度なところで切り上げるように心がけてください。

あなたのほうから切り上げれば、彼はいい意味で「え、もうおしまい?」と軽いショックを受けて、もう少し話したい気持ちになるはずですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)