お付き合いが長続きするのは、お互いに愛しあい、尊重しあえているからだと思います。

こちらが相手を大切にするのは当然として、相手にも大切にし続けられるには、どうしたらいいのでしょうか?

いくつかのポイントを、男性心理をもとに解説します。

【男性心理で解説】大好きな人に「愛され続ける女性」の特徴

楽しそうに話す

長く付き合っていくことを考えると、やっぱり日々刺激を与え合える関係でいたいもの。

ぜひ、その日あったことを楽しく話すよう心がけてみてください。

生き生きと話してくれる子であれば、毎日飽着ないはずです。

まずは、心がいろんなことを感じられるよう、本や映画、芸術や音楽にたくさん触れて、感受性を磨くのもおすすめですよ。

ちょっとしたのろけを言う

人前で、ちょっと自慢する彼女も愛されやすいもの。

たとえば「彼、○○してくれるんだ~」「○○くんの~なところが好きなの」といった、チのろけは、彼の自尊心を刺激します。

もちろん大げさすぎたり、逆に彼にプレッシャーを与えたりする褒め方はNGです。

しかし、「人前で褒めるほど、私はまっすぐあなたを愛してるよ」というメッセージは、彼の心にあなたへの誠意を芽生えさせるもの。

結果的に、長く愛される土台作れるでしょう。

支えてあげたいと思える

「愛される女性」とは、=完璧な女性ではなく、「必要とされていると感じられるかどうか」ではないかと思います。

苦手なことや、代わりにやってあげないといけないことがある。

そして、支えてあげるたびに喜んでくれる。そんな彼女であれば、愛さずにはいられないはず。

少し大変なことや苦手なことがあれば、迷わず彼に頼ってください。

ちゃんと感謝をして喜んであげれば、それはワガママにはなりません。むしろ逆に、愛され要素となるはずです。

めんどくさがらない

ちょっと疲れているときや、他にやりたいことがあるときは、「やるべきこと」がとても面倒に感じるものです。

そんなときもめんどくさがらずにサッと動けば、サッと済みます。

それができる女性であれば、男性も一緒にいて気持ちいいもの。

「○○やっちゃおっか」と、一声かけて一緒にやるのもいいですし「先にやっちゃったほうがラクだよ」「パッとやっちゃおうよ!」と彼を励ましてあげるのもおすすめです。

楽しく積極的に

正直、男性は「なにをしたら喜んでくれるのか」「幸せになってもらえるのか」、あまり自信を持てていないことも多いようです。

そんな不安をパッと晴らすような言動があれば、ずっと愛され続けるはず。

楽しく積極的なコミュニケーションで、愛を深めていきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)