「かまってちゃん」と聞くと、なんとなくウザくて重いイメージがあったりしませんか?

でも、かまっちゃんの度合いによっては、「かわいいな」と思われることもあるよう。

そこで今回は、男性に許せる「かまってちゃん」のボーダーラインを聞いてみました。

嫌がられるのは紙一重?許せる「かまってちゃん」のボーダーラインとは

のろけ投稿はOK、病み投稿はNG

まずはSNSにおけるかまってちゃん行動のボーダーラインについてみていきます。

「ふたりの写真をSNSに載せては『大好き♡ずっと一緒にいたいな♡これからもよろしく♡』とか書き込む彼女。『恥ずかしいからやめろよ』なんて言いながらも、結構嬉しかったりするんです」(26歳/営業)

「喧嘩するたびにSNSに『もう終わりなのかな……つらすぎる……』『生きている意味がない』とか書き込んだり、仕事が忙しくてなかなか会えないと『寂しくて病みそう』とか書き込む彼女。

もうウンザリで、別れを切り出すタイミングをうかがってます」(29歳/医療機器メーカー)

ふたりのラブラブ具合を投稿するのは照れくさいけどあり、でも、重~いポエムを投稿するのは絶対にダメ。

彼氏だけでなく、読んでる人たちもドン引きでしょう。

すねるのはOK、ガチギレはNG

次に、ヤキモチの程度をみてみましょう。

「僕が他の女の子と話したり、道行く女性を振り返って目で追ったりすると、『どうせあっちの方がかわいいな、とか思ったんでしょ?もう。ヤキモチやいちゃうよ』なんてかわいくすねるんです。

『お前、かまってちゃんだなぁ』なんて言いながらデレデレしちゃう」(28歳/公務員)

「ちょっと他の女とLINEしただけでガチギレして『もう別れる』『私のことなんて遊びだったんだ』とか言いだす元カノ。疲れちゃってほんとにお別れしました」(30歳/会社員)

かまってちゃんは得てしてヤキモチ焼き。でも、ガチギレはいただけません。かわいくすねる程度ならありなのだとか。

送って終わりはOK、返信の強要はNG

LINEを送って終わりはOK、返信の強要はNG

最後に、かまってちゃんLINEのボーダーラインをみていきます。

「俺の彼女、すげーかまってちゃん。一日に何通も『今から仕事』とか『お昼食べるね~』とかLINEしてくる。

『俺、そんなにこまめに返信できないよ』って言うと、『いいのいいの。私が送りたいだけだから』って。とくにこっちがなにもしなくていいから楽ですよ」(28歳/商社勤務)

「何度もLINEしてきては、30分以内に返信しなければ激怒。『なにしてるの』『なんで既読にならないの』『誰かといるの』ガチギレLINEを連発してくる……。元カノはキツかった……」(27歳/金融関係)

彼氏にあんなことやこんなことを話したい!とLINEを何度も送る程度ならありですが、いちいち返事を強要するのはNG。

彼氏がLINE恐怖症になってしまうかも。

彼の負担にならないことが大事

彼氏のことが好き過ぎて、ついついかまってほしいと思っちゃう気持ちはよくわかります。

でも、相手の気持ちも考えた行動をしないと、あなたの存在が彼氏にとって負担になってしまう場合もあるので気をつけて。

キュートなかまって具合で、彼氏との愛を深めてくださいね。

(愛カツ編集部)