せっかく付き合うのなら、恋愛を長続きさせたいと思うはずです。

しかし、付き合ってみたら全然合わなくて、すぐに別れてしまうカップルも多いもの。

付き合う前から恋愛を長く続けられる人かどうかを見極められれば、お互いに傷つけずに済みますよね。

そこで今回は、交際が長続きする「イイ彼氏」になる男性の特徴をご紹介します。

絶対長続きする♡「イイ彼氏」になる男性の特徴

女性のワガママに慣れている

「女性ってワガママを言って甘えることもあると思うんです。だからそれまで全く女性のワガママに振り回されたことのない人とだと、付き合ってから上手くいかないと思います。

あくまで多少のワガママは当たり前って受け止めてもらえないと」(38歳女性/専業主婦)

女の人の扱いに慣れ過ぎていると、それはそれで心配になりますが、全く耐性がない人とも付き合うのは大変そうです。

適度に女性を知っているくらいの方が、上手くいくことは多いのではないでしょうか。

趣味が充実している

「自分の時間を好きに過ごしてくれる人でないと、付き合ってから依存されて疲れることがあります。

付き合うまではクールを装っていたのに束縛とか。自分の趣味を持っている人の方が適度な距離が保てると思います」(29歳女性/アパレル販売)

付き合ってみたらお互いの恋人とのベストな距離感が違っていて、恋愛が長続きしなかったなんて経験を持っている人もきっと多いはず。

もし、あなたが恋人がいても自分の時間を持ちたいタイプなら、相手も趣味を持っている方が良いでしょう。

お礼や謝罪が言える

「男女ってどうしてもお互いに考えていることがすれ違うときもありますよね。そういう誤解が解けたあと、謝罪が言い合えるかどうかって大事。

お礼にしてもそう。小さいことが積み重なって、許せなくなることもあるから」(36歳女性/エンジニア)

これは男性だけでなく、女性の側にも言えることです。

このくらいなら言わなくても通じるだろうと思っていると、知らぬ間に相手の心が離れて行ってしまう可能性があります。

お礼の言葉も謝る言葉も、多すぎるくらいがちょうど良いのかもしれません。

他人に関心がある

「人について関心を持っている人だと、お互いの違いに気づいたときに理解し合おうっていう気になるもの。

逆に人が嫌いとか関心がない人だと、自分と違う人のことを理解する必要はないってなるから、捨てられます」(26歳女性/営業)

もちろん付き合うことになったのであれば、あなたに対して関心を持ってはくれているはず。

でも、基本的にあまり人が好きではない人は、自分基準で物事を考えがちです。

「自分はこうだけどあなたはどうなの?」「へぇそういう考え方もあるんだ」というスタンスが取れる人って、人間関係において柔軟に対応できますよね。

付き合う前の見極めも大切

付き合えるかどうかって相性のことばかり気にしてしまいそうになります。

しかし、実際はもう少し大きな視野で観察してからの方が安全かもしれません。

仕方ないこととはいえ、別れはストレスですからね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)