会話が盛り上がらない人とは、なかなか仲良くなりづらいですよね。

男女間ならより一層、距離を詰めにくいかもしれません……。

そこで今回は、男性から見た「話していてもつまらない女性の特徴」をご紹介します。

もういいかな…「話していてもつまらない女性」の特徴

リアクションが薄い

いろいろな話をしたり、話を振ったりもしているのに、いまいち乗ってきてくれない人とは、会話を進める気になりませんよね。

会話を楽しいと思っていても、それをきちんと表現しなければ、なかなか男性には伝わりません。

ボーっとただ聞いているのではなく、リアクションをしっかりと取るように心がけましょう。

それだけでも、男性の受け取り方は大きく変わるでしょう。

「話す」と「聞く」が偏っている

自分の話ばかりをする人とは、会話をしていても楽しいどころか、うっとうしく感じられてしまうかもしれません。

かといって、完全に聞き役に徹していると、あまり自分に心を開いてくれていないように見えるでしょう。

なので、ふたりの「話すこと」と「聞くこと」のバランスを上手に取るようにしましょう。

お互いに気持ち良く会話ができ、苦痛に思われてしまうような会話にはならないはずですよ。

否定ばかりする

否定ばかりする

自分の話したことに対して、いちいち否定的なリアクションを取られると、男性も確実にイライラしてくることでしょう。

すべてに肯定的でなければいけないわけではないですが、否定が多いと討論のような形になってしまうのは当然の流れ。

それでは楽しい会話になるはずがないですし、むしろ敵対心や憎悪の感情しか芽生えてこないかも。

反論するにもしても、男性の意見をまずは受け入れたうえで「私はこう思うんだよね」という言い方にしましょう。

そうでないと、あなたと話をすること自体に嫌悪感を抱かれるようになってしまうかもしれません。

話にまとまりがない

女性によくありがちなのが、とにかく長くてオチのない話をダラダラとし続けること。

「結局、なにが言いたいの?」と感じる話を延々と聞かされるのは、苦痛に感じてしまうでしょう。

オチのある話とは、笑えるおもしろい話という意味ではなく、「ちゃんとまとまりのある話」のことです。

言いたいことや伝えたいことを、ある程度は頭の中でまとめたうえで話をするようにしましょう。

まずは相手の話をちゃんと聞くこと!

気になる男性と楽しい会話をするためには、まずはちゃんと反応を示してあげることが大事です。

「聞いてくれている」「楽しんでくれている」ということが伝われば、男性の気分も良くなっていくはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)