「いつか運命の相手と結ばれたい」と思っているのは、男性も同じ。

ふとした瞬間に「この人は運命の相手かも」と感じることがあるようです。

今回は、男性が「運命」を感じたときのエピソードをご紹介します。

あなたも気になる彼に運命を感じさせることができれば、距離がグッと縮まるかもしれませんよ。

思わず恋に落ちる!男性が【運命の出会いかも…】と感じたエピソード

大人になってから偶然再会した

「中学の同級生と、職場近くで偶然再会したとき。彼女も近所で働いているらしく、定期的に会うように。あれはいまでも運命だったと思っています」(27歳男性/建築)

道でバッタリ、飲み会でたまたま……など、学生時代の知り合いに偶然の再会すると、運命を感じやすいところがあります。

最近ではSNSを通してつながり、交際に発展するすることも少なくありません。つながりを洗い直してもいいかもしれませんよ。

共通点がたくさんあった

「出身や年齢、これまでの境遇や趣味など、共通点が多かったから。こんなに価値観が似ている子ははじめてだったので、運命的なものを感じました」(33歳男性/不動産)

共通点が多いほど、意気投合して会話は盛り上がるもの。

また、初対面なのに前から知り合いだったような、不思議な感覚になることもあります。

趣味や習いごとから、気の合う人を見つけることも少なくないよう。

マッチングアプリから絞り込み検索するのも、運命の相手を見つける方法のひとつ。

もし興味があれば、怖がらずに試してみてくださいね。

女友達にドキッとした

「いままで何とも思っていなかった女友達の、かわいらしさに気付いた瞬間。一度意識しちゃったら、どんどん好きになって……。もう彼女以上の人には出会えないって思いました」(30歳男性/商社)

なにかをきっかけに「もしかしてこの子のこと好きかも?」と自分の気持ちに気付くことがあります。

そんなとき、男性は相手のすべてにドキドキするようです。

関係が長い分、良いところもたくさん知っているので、少しのことで冷めることはありません。

腐れ縁に運命を感じるとともに、「この人はもう現れないんだろうな……」と実感するようですよ。

思わず一目ぼれした

「中途で入ってきた子に一目惚れしたこと。はじめての経験だったので自分でもびっくりです。少しずつに段階を踏んで、無事お付き合いできましたよ」(26歳男性/IT)

通勤途中や新入社員、飲み会で知り合った相手など……はじめて見た瞬間から、心を射抜かれることがあります。

新しい環境に飛び込むときこそ、出会いのチャンスだと思ってみましょう。

一目ぼれからの恋はうまくいきやすいとも言いますし、彼に好意があるなら付き合うのもありですよ。

彼に運命を感じさせよう

男性は意外とロマンチストところがあります。

そのため、じつは運命を信じている人が多いようです。

今回ご紹介した内容を参考に、気になる彼に運命を感じさせて、距離をグッと縮めてみるのはいかがでしょうか。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)