「色気」というのは、意識的に出すよりも、ふとした瞬間に醸し出されるものかもしれません。

とくに男性がドキッとするしぐさとは、どんなものでしょうか?

今回はお酒の席に注目して、男性が色気を感じた場面をご紹介します。

実際のエピソードもあわせて参考にしてみてくださいね。

いつもより良いかも…男性がお酒の席で釘付けになった「女性のしぐさ」

口の端からワインが…

「女の子と飲みに行って、途中で赤ワインを頼んだんですね。すると、飲んだときに、口の端からツーッと赤ワインがこぼれたんです。

それを指で拭う仕草が色っぽかった。酔っているからなのか、わざとなのか、ドキドキした」(28歳/自動車)

ちょっとだらしない感じもしますが、そこがよかったみたいです。

いろいろな想像をかき立てるしぐさかもしれません。

店を出た瞬間に…

「男女数人で飲みに行き、終わって店の外に出たときです。
冬だったんだけど、店内が暑かったせいか、夜風が心地良かった。
すると、ひとりの女の子が、『気持ちいい……』とひと言。
なぜかドキッとしてしまいました」(31歳/警備)

心からもれ出る言葉に、惹きつけられたようです。

また、「気持ちいい」というフレーズにも色気を感じたのかも?

隣の席の女の子が…

隣の席の女の子が…

「4対4の飲み会に参加したとき。
ひとりだけ大人しい感じの女の子がいて、隣の席になったんです。
1時間くらいしたころでしょうか、その子の目がトロンとし始めたんです。
話していると、その目でジッとこっち見てくる。
ちょっとドキッとしてしまいました」(30歳/IT)

眠そうな目つきは、隙を感じさせやすいもの。

そんな目でじっと見つめられたら、男性側の気持ちも高まっていくでしょう。

暑い店内で…

「職場の飲み会があって、後輩の女の子と隣の席になったんです。
店内がちょっと暑くて、その子が胸元をパタパタしだしたので、思わず目がいきました……」(28歳/不動産)

暑いと衣類をパタパタさせることもあるでしょう。

このように無意識のうちに、男性を釘付けにさせているかもしれませんよ。

お酒の力を借りてアプローチもあり

お酒を飲むと、いつも以上に色っぽく見られやすいようです。

こういう状況を上手く利用して、意中の男性を引き寄せるのもありかもしれません。

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)