デートを重ねているのに、きちんとした告白をされていない。

お付き合いの約束をする前に、彼に体を許してしまった。

このような状況下で、不安を感じる女性も多いのではないでしょうか。

そんなとき、いったい彼はなにを考えているのでしょう?

そこで今回は、告白なしでも「付き合っている」場合について男性意見を聞いてきました。

告白なしでも…彼の中では【付き合ってる】場合って?

定期的にデートしている

「遊び相手なら、思いついたときに連絡するとか自分勝手な関わり方をするかも。
逆に、定期的に連絡してデートするような『いなくなったら困る子』なら、もう彼女なんじゃないかな」(25歳男性/美容師)

「いなくなって困る存在」を彼女として認識している男性もいるようです。

そう考える男性は、そんな彼女に対しマメな連絡やデートをする傾向があります。

対して、彼にとって都合のいいときや、デート当日にしか連絡してこない男性は、遊び相手と認識している可能性大なのかもしれません。

友達や親に紹介している

「本気の相手ができたら、会社主催のBBQとか友達との集まりとか公の場につれていきます。
あと親に紹介するのも抵抗ないですね」(24歳男性/アパレル)

彼が、彼の友達や親に紹介してくれるなら、告白されていなくても本命彼女の可能性が高いようです。

紹介された彼の周りの人間は、当然あなたを彼女だと思うでしょう。

もし彼があなたが彼女だと思われるのが嫌ならば、そんなふうに周囲に紹介することはないはずです。

お金の使い方が変わった

「さすがに本命の子以外には、毎回おごるなんて無理ですよ。身が持たないから。
だからまだ付き合っていないうちは、割り勘にするかな。
逆にそれに文句を言う子なら、そもそも付き合えない」(31歳男性/金融)

付き合っている女性と、そうでない女性との違いは、お金の使い方に出るという意見もありました。

とはいえ、これは男性の価値観やお財布事情にもよるので、これだけで判断するのは難しいことも。

もし参考にするなら、いままで割り勘だった彼がおごってくれるようになったなど、過去と比べお金の使い方が変化したときに判断できそうですね。

「付き合う」の定義は人それぞれ

「私たち付き合ってるの?」と彼に聞くのは、なかなか勇気がいることでしょう。

しかし、彼との関係を進展させるためには、自分が彼の本命彼女なのかどうかは気になるところ。

だからこそ、今回ご紹介したことをヒントに彼の本音を探ってみましょう。

もしそれでも関係が曖昧なままなら、彼にストレートに聞いてみて。

そこで話を濁すような彼なら、別れを選んだほうが幸せになれるかもしれません。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)