できれば彼から告白してもらいたい!

そんなときは、いかに「好意を隠しておくか」がポイントになることがあります。

最終的には「先に惚れたのは俺」と彼に錯覚してもらえれば、こっちのもの。

そこで今回は、そんな好きバレ予防法をご紹介します。

交際前はデリケート!【好きバレを予防する】方法とは? width=

好きなタイプを聞かれてごまかす

「好きな男性のタイプは?」と聞かれると、きっと気になる彼の姿が浮かぶでしょう。

そこで彼にそっくりなタイプを答えるのはOK。

ただ、もしそのあと彼に「それって俺も当てはまる?」と聞かれたら、「どうかなー」なんてごまかしてみましょう。

ここでは、否定も肯定もしないというのがポイントです。

そうすれば、好きバレを最小限にしつつも、彼をドキッとさせることができますよ。

彼を見つめるのは1日に2~3回にとどめる

「よく目が合う」というのは、相手に好意が伝わりやすくなる「好きサイン」の一つ。

だからこそ無意識でも1日に何度も目が合うと、好きバレしやすくなります。

ただあまりに目を逸らすと、彼は「脈なしか……」とアプローチごと諦めてしまうことも。

そのため彼を見つめるのは1日に2~3回にしておき、それを達成したら「あとは見ない!」と決めるのがオススメ。

その2~3回は、目が合ったら笑顔を見せましょう。

すると目が合うと好意が伝わってくるのに、いつも見ているのかと思えばそうでもない……。

そんなあなたに、彼はどんどん惹きこまれるかもしれません。

ボディタッチは控えめに

ボディタッチは控えめに

ボディタッチは、もはや「あなたのことが大好き」と言っているようなもの。

だからこそ彼との関係を進展させたいと考えている場合は、加減が大事。

たとえば、呼ぶときに指でつんつんしたり服を引っ張ったりと、「触れるのに嫌悪感はないよ」と伝わるくらいで良いのです。

「手に入りそうで入らない」が魅力的

男性のタイプによっては、手に入りそうで入らない女性を追いかけたくなる人もいます。

だからこそ「嫌われてはいないだろう」「きっと好きだと思ってくれているはず……」と思わせるのがコツ。

つまり「確信」まではいかないような、彼にとってモヤモヤするラインがベストなのです。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)