気になる彼とLINEが続いて嬉しいと思う一方で、相手の気持ちがイマイチ読み取れないことってありませんか?

返信が遅いと、脈があるのかどうかわかりにくいかもしれません。

今回は、LINEの返信が遅くなるときの本音について、男性たちに聞いてみました。

脈なしじゃない!LINEの返信が遅い男性の本音

返信を忘れていた

「後で送ろうと思ってそのまま忘れて放置しちゃったことって誰にでもあると思うんです。
自分はそれがとくに多い。『この前の件、どうなった?』って連絡が来て、気づくってこともよくある」(26歳男性/会社員)

忘れっぽい男性にありがちなパターンです。

どうしても返信が欲しい場合は、催促のメッセージを送ってあげてもいいかも。

なんとなく返信しづらい

「LINEの内容が返信しづらいと後回しになってしまうことがよくあります。
すぐに返せないから時間のある時に考えて返そうかなと」(27歳男性/会社員)

ボリュームのあるLINEが来ると、こちらもしっかり考えてから返信したいと思うようです。

他にも「今日はこんなことがあった~」「今からお昼ごはんを食べてくるね」などの報告は、返信に困る定番LINE。

彼からの返信が遅いと感じたら、自分が送ったLINEを振り返ってみるといいでしょう。

スマホを見る時間がない

「仕事が忙しいときや人と会っている時にLINEが来ても返信できないです。
既読がつくのも嫌だから、LINEが来てるなとは思いつつも未読スルーして後回しになってしまうことはあります」(30歳男性/会社員)

仕事中だと、たとえ恋人からのLINEもすぐに返信できません。

プライベートだったとしても、「会っている人との時間を大切にしたい」と思うとLINEは後回しになってしまうでしょう。

この場合は、催促せずに待っている方が無難ですよ。

暇な人だと思われたくない

「好きな人とLINEをしているときに、暇だと思われたくなくてLINEの返信を遅らせたことはよくあります。
そんなの意味ないと分かっていても、やっぱり忙しい男って思われたいからやっちゃうんです」(25歳男性/会社員)

好きな人の前では、かっこつけたいもの。

いつも即返信だと暇な人だと思われそう……という理由で、すぐに返信しない男性もいるようです。

たとえ彼のウソに気づいたとしても、知らないふりをした方がいいでしょう。

返信が遅くても気にしない方が◎

返信が遅いと、つい「なにしてるんだろう……」と不安になることもあるでしょう。

しかし、よほど彼に嫌われていなければ、彼に返信できない理由があると考えていいでしょう。

彼とのやり取りに慣れてきたら、「この時間帯は忙しい」など彼の生活リズムを把握しておくと、不安な気持ちになりにくいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)