知り合った男性から何気なく「どのくらい彼氏いないの?」と聞かれて、ドキッとしてしまった経験はありませんか?

元カレのことが未練があるわけでもないのに、新しい人を紹介されてもときめかない、恋愛する気になれない……。

そこで今回は、「恋愛スイッチ」を入れるために試したい4つのことをご紹介します。

恋したい!「恋愛スイッチ」を入れるために試したい4つのこと

通勤手段を変えてみる

仕事にいくとき、最短ルートでいつも同じ道を通っている……という方が殆どだと思いますが、電車をバスに変えてみる、自転車通勤にしてみるなど、少しだけ変えてみるのもおすすめです。

というのも、毎日同じ道を同じように通ると、殆ど変化がないため。

変化のなさに頭も体も慣れきっていると、「彼氏が出来て生活パターンが変わる」という変化を面倒に感じてしまうのです。

一駅手前で降りてみる、ふだんと違う道を通ってみるなど、ほんの小さなことでも変えてみると「こんなところにこんなお店があったんだ」「今度行ってみよう」など、新しい発見と楽しみが見つかりますよ。

ひとりでデートスポットに行ってみる

テーマパークや映画館など、カップルの多い場所にあえてひとりで行ってみるのもいいでしょう。

ここで大事なのは、自分が本当に彼氏を欲しいと思っているかどうかをよく確認することです。

そこでスマホを見たりして紛らわせてしまわないのがポイント。

「寂しい!」と感じ尽くしたら「恋愛したい!」というスイッチが入るはず。もし、そこでも「私、ひとりでも全然楽しめる!」と思ったときは、無理に今彼氏を作らなくてもいいでしょう。

恋愛映画を観まくる

「ときめきってなんだっけ?」という状態になってしまっているときは、恋愛映画を観て主人公のドキドキ感を感情移入してみるのもいいでしょう。

感情移入できる映画に出会えるまで、何個か観てみるのがおすすめです。ちなみに、筆者の周囲だと恋愛したくなる映画として「食べて、祈って、恋をして」を勧める人が多かったです。

もしまだ観ていないという方は観てみるといいかもしれません。

なにもしない日を作る

恋愛するのってパワーが必要です。平日も週末も予定が埋まっていて、沢山の人に会っている状況だと知らない間に疲れてしまっているのかもしれません。

仕事が忙しすぎるときは、無意識に自分を守るために他人に対して感情が動かないようになってしまっている場合も。

「なにもしない日」を作ってみたり、自分が疲れてしまっていないかを見直してみることも大事ですよ。

本当に彼氏が必要なのか考えて

「彼氏欲しい」と言いながらも、よくよく聞いてみると、ただなんとなく「彼氏がいないとマズイかな」という程度でちょっとだけ焦っている人が多いように感じます。

彼氏がいないことに不安になる前に、まずは自分の気持ちがよくわからないことに焦点を当ててみましょう。

この機会に、自分の気持ちをよく振り返ってみて、そのうえで「本当に彼氏が欲しい!」と感じたら、きっと行動も変わるはずです。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)