「昔はやんちゃしてて、喧嘩が絶えなかった」「数え切れないくらい関係を持った女性がいる」などなど……。

若気の至りと言いつつも、耳を疑いたくなるような、武勇伝を語る男性がいますよね。

ちょっと痛いなあ……なんて思うことも。

そこで今回は、「武勇伝を語る」男性を避けるべき理由をご紹介します。

自分を客観視できていないから

言い方を変えれば、武勇伝は自分の自慢話です。

聞かされている方は、あまり良い気持ちにはならないでしょう。それどころかウザがられたり、面倒くさがられていたり……。

とくに、度が過ぎる武勇伝は周りに引かれてしまうだけでなく、人間的に魅力を感じてもらうこともできません。

そんな武勇伝を語る男性は、自分を客観視できてないと言えるでしょう。

過去にすがっているから

武勇伝は「過去の栄光話」に過ぎません。

自ら武勇伝を語る男性は、過去にすがっていると言えます。

昔はすごかったけど、今は違うと言っているようなものなのに……。

現在の自分の自信がない、もしく不満があるため、過去の栄光をかざしているのでしょう。

今の自分に自信があるのであれば、武勇伝よりも現在進行形の話をするはず。

男性自身がこれから先の幸せを掴もうと努力しない限り、女性を幸せにすることはできません。

あなたが疲れるから

武勇伝を話す男性は、とにかく「自分の話を聞いて欲しい」という自己顕示欲が強いタイプです。

しかも、ただ聞いて欲しいだけでなく、それに対して、「すごかったんだねー」とか「カッコいい!」とかの褒め言葉を言ってもらわないと満足しないでしょう。

お付き合いを始めたばかりの頃なら、武勇伝についてコメントを返してあげられても、何度も聞かされたらウンザリです。

しかも、毎回前向きな返答を考えなければならない、と思うと疲れてしまいますね。

信頼できないから

武勇伝は、話を盛っていること多くあります。

話している側は、自分の世界に入り、無我夢中で武勇伝を語っていても、聞いている方は冷静なので、「そんな話あるわけないじゃない」「話盛っているだろう?」と半信半疑になるでしょう。

あまりにも現実離れした武勇伝を話す男性については、真偽がわからないので、何を話しても信用できないと思いませんか?

そんな男性ともし交際をしても、長続きするのかは疑問でしょう。

関わらないほうがいいかも

自分を大きく見せようとして、ついつい語ってしまう武勇伝。

多少なら子どものようでかわいらしいですが、あまりにも度を越すようだと問題です。

こうした男性は一般的に、周りからは避けられがちなのに、わざわざ近づくなんて地雷を踏みにいくようなもの……。

きっちり回避してくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)