付き合う前にオトナの関係になってしまった……そんなこともあるでしょう。

ただ、そこからお付き合いに至っている人と、そうでない人がいるのはなぜ……?

そこで今回は、遊びから始まった恋だけど「本命彼女に昇格した」女性の特徴を3つご紹介します。

遊びから始まった恋だけど!【本命彼女に昇格した】女性の特徴3つ

すぐに白黒つけようとしない

オトナの関係になるということは、少なくとも嫌われてはいない証拠。

しかし、あまりに「付き合えるかどうか」白黒はっきりさせようとすると、彼に必死な印象を与えてしまいがち。

それを防ぐには、心の中では焦っていても彼にそれを悟らせないことが大切です。

それにもし彼からなかなか「付き合おう」という言葉が出ない場合、彼は「どんな子かもっと知りたい」と考えていることも。

だからこそ、焦らず友達以上恋人未満の関係を楽しんだほうが、あなたのよさが彼に伝わりやすいですよ。

友達みたいなノリで接する

とくに遊びの関係からはじまった場合、相手の男性は責任から逃れたいと考えているかもしれません。

そんな彼にいきなり「オトナの関係=付き合う」という考えを伝えると、プレッシャーを感じることもあるようです。

そのため「付き合う」というワードを出さず「また遊ぼうね!」と友達のようなノリで対応したほうが◎。

気まずくなりにくく、また会う機会を作りやすくなるのです。

まずは「もう一度会いたい!」と彼に思ってもらうのが大切ですよ。

あまり好意を見せない

あまり好意を見せない

オトナの関係になると、彼との距離が縮まったように感じるもの。

しかし、そのあとも彼に好意を見せ続けるのは危険かもしれません。

なぜなら、彼が「あなたを手に入れた」という感覚を味わう可能性が高いから。

そのため、関係を持ったあとも以前と態度を変えず、むしろ好きかどうかわからないくらいの対応でいるほうがベター。

彼に「簡単に手に入らない女性」だと思わせることができれば、あなたの価値がグッと高まるはず。

そうなれば男性によっては、狩猟本能が刺激されて自然と追いかけたくなることも……。

苦労して手に入れた女性ほど大事にする男性もいますから、そんな彼にもあまり好意を見せないのは有効でしょう。

「遊び→本命彼女」は可能!

遊びから始まった恋でも、本命彼女になる可能性は十分にあります。

ただ、オトナの関係になったからといって、彼に「この子は手に入った」と油断させないことがポイントです。

付き合うことより、次に会うことを大切にしていけば、2人の間に愛情が芽生えてくる日もそう遠くないはず!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)