デート中にうっかり失敗してしまうと、恥ずかしい気持ちになってしまいます。

しかし彼から見ると、それがたまらなくかわいいと感じる場合も!

実際に彼女の失敗に萌えてしまったエピソードを、男性たちに聞いてみました。

かわいすぎる!男性が萌えた彼女の失敗エピソード

車のライトを点けるつもりが…

「彼女が運転する車の助手席に乗っていたときに、ライトをつけようとしてワイパーを起動させてしまったのは笑いました。
ちょっと恥ずかしそうに『今の見てないよね?』と確認してきたのも笑った」(27歳男性/会社員)

運転するときのちょっとしたミスは、男性から見てかわいいものです。

しかし、あまりにもミスを多発すると「運転大丈夫かな……」と不安に思われてしまうので、注意しましょう。

「OKグーグル」を言い間違えて…

「彼女が行きたい店を検索するためにスマホの地図アプリを開いたんです。
そのときに『OKぐるぐる』って言っていて思わず笑っちゃいましたね。
めちゃめちゃ萌えました。無事たどり着けてよかった(笑)」(26歳男性/会社員)

他にも「資料に書かれていた『云々』を『でんでん』と読んでいてかわいかった」という話も。

ちょっとした言い間違いは、かわいいポイントのひとつです。

彼の言葉を否定しようとしたら…

「知り合いの女性が反論するとき、『そんなこと言ってにゃい!』って。
ムキになりながら噛んだのが悶えるほど可愛かった」(28歳男性/会社員)

他にも「お疲れさま」を「おちゅかれさま」と噛んでしまったり、「これ食べますか?」を「これ食べまちゅか?」と噛んでしまうなど、さまざまな話がありました。

恥ずかしくても、ムキになりすぎないようにしましょう。

LINEで「わたし」を…

「LINEをしているときに『わたし』を『たわし』と打ち間違いをしてきた子がいてかわいかったです。
『アンパンマン』を『アンマンパン』とか。それはもう普通のパンだって突っ込みました」(25歳男性/会社員)

LINEのタイプミスも、男性には面白く見えるようです。

あえて間違えてかわいらしさを演出することもできますが、わざとらしさが出てしまうとマイナス印象になってしまうので、注意してください。

本人は恥ずかしくても…

ミスをした本人は恥ずかしい気分でも、彼にとっては彼女をかわいらしく感じるポイントのひとつ。

あまり気にしすぎないで、彼とのデートや会話を楽しんでくださいね!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)