年下の男性と何を話せばいいか分からない……なんて経験ありませんか?

なるべく悪い印象をつけずに、その場をうまくやり過ごしたいですよね。

今回はそんな、「年下の男性と話が合わないときの対処法」をご紹介しましょう!

何話せばいいの?「年下男性」とうまく会話する3つのコツ

分からないことは素直に聞く

「彼が8歳下です。話の中で分からないことは素直に聞くようにしていますね。
聞き流してしまうと、まったく話が通じなくなってくるので。聞くと、彼も丁寧に説明してくれますよ」(30歳女性/看護)

相手に話が通じていないようなとき、それはなんとなく察しが付きますよね。

男性も「これ、聞き流されてるな」と思うと、やっぱり寂しいでしょう。

分からないことがあるときは、素直に質問したほうが相手に喜ばれますよ。

聞き役に徹して相づちを打つ

「職場の後輩の男の子に慕われて、たまに食事に行くんですけど、とにかく聞き役に徹してます。相づちを打ってると嬉しそうに話してくれるので、それでいいかなと……」(29歳女性/アパレル)

男性より女性のほうがおしゃべりな傾向はあるものの、男性も聞いてくれる相手がいると、つい嬉しくなり甘えてしまうんですね。

歳の差関係なく、安心して話ができる人は好印象でしょう。

あえて相談ごとをする

「仕事の関係で、後輩の男性社員と2人で動くことが多いです。一緒に食事もするんですが、どうも言葉に詰まってしまうことがあって……。

そこで、私のほうからあえて相談を持ち掛けてみました。そしたら会話も弾んで、打ち解けた感じがしましたね」(28歳女性/広告)

相談や悩みごとを打ち明けられると、心を開いてくれているような印象を受けます。

年の差があればなおさら、相談を持ちかけてくれたことに喜びを感じるはずです。

年下男性も、あなたとの距離が縮まったと感じるでしょう。

話しやすい雰囲気作りを

年下の男性と話すときに意識したいことは、やはり「話が合わなくても、あまり深刻に考えない」ことに尽きるのではないでしょうか。

世代が違うなら、話が合わないのは当然。無理に合わせようとするより、少し距離を置いたところから興味を示す姿勢をとりましょう。

ときには聞き役に徹してみると、話しやすさや安心感も与えられるはず。男性も好印象を抱くと思います。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)