初デートまではたどり着くのだけど、なぜか二度目に繋がらず音信不通なんてことも……。

自分を否定されているようでショックですよね。

そこで今回は、男性が初デートで「二度目はないな」と思う瞬間をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

なんか違う…男性が初デートで「二度目はないな」と思う瞬間は?

気を遣われすぎた

「『かわいい』と褒めても謙遜するし、『お腹減った?どこかお店入る?』と聞いても『どっちでも……。○○さんの好きなほうで!』と決定権を委ねてくる。

逆にこっちが気使っちゃって、あまり楽しめなかったですね。また会いたいとは思えませんでした」(27歳男性/デザイナー)

ハッキリしすぎると「気が強い」と思われがち……。でも、あまりにも遠慮しすぎると彼もどうしたらいいか困ってしまうでしょう。

また、「自分がない」と思われる原因になることもあります。

つい曖昧な返事をしてしまう人は、もっと自分の気持ちに正直になってみては? 

お腹が減っていたら「○○が食べたい!」、疲れていたら我慢せず「今日はもう帰ろうかな」と、思ったことをそのまま伝えてみましょう。

そのほうが彼も次の行動が取りやすいですよ。

元カレを引きずっていた

「アプリで知り合った子とデートしたんだけど、『どのくらい彼氏いないの?』と聞いても、どこか曖昧な返事だったんだよね。

こうイマイチ恋愛に積極的な感じがしないというか……。その後、『実はまだ元カレを引きずっている』と言われ腑に落ちたなあ」(29歳男性/塾講師)

元カレや片思い中の彼など、ほかの男性を引きずっているのって、なんとなく雰囲気でわかるもの……。

会話も心ここにあらずで、どうしてもデートに集中していない感じが出てしまうみたい。

そうすると男性も「この子とは合わないな」と察し、見切りをつけるようです。前の恋愛はすべて清算してから、次の恋に進みましょう。

そうしないと彼にも失礼だし、ただ時間のムダになって終わりますよ。

話をあまり聞いてくれなかった

「うわのそらだったりスマホ触ってたりで心ここにあらずな子は、次も積極的に会おうとはならないかも……。つまらないっていうか、直感的に『ハマらないな』って感じちゃうんだよね」(28歳男性/整備士)

会話を楽しめない女性とは、一緒にいても楽しくないよう。

男性から頑張って会話を振っても、聞いてくれないとやりがいも感じられないでしょう。

たとえ口下手でも、目を見て相づちを打つだけでかなり印象は良くなるはずです。ぜひ意識してみてくださいね。

次に繋げるために

いずれにしても曖昧でわかりづらい態度が、彼らに「しっくりこない」と思われる要因みたいです。

初デートだからといって、彼に合わせすぎないように気をつけてください。

適度に自分を出していけば大丈夫ですよ!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)