交際に向けての第一関門でもある「初デート」。

次につなげるためにも、好印象を持って欲しいですよね。

でも、好印象だけでは「好き」とはなりづらいよう……。

恋心が芽生えるには、「かわいい」と思わせることが大事でしょう。

そこで今回は、初デートで彼の心を射止めるキュンセリフを4つご紹介します。

かわいすぎる!初デートで彼の心を射止めるキュンセリフ4選

「デートするのなんて久しぶり」

男性は女性の初めてになることが嬉しいと思うみたいです。

でも、男性とのデートが初めてだと「恋愛経験がまったくないのは、なにか問題があるのかな?」という誤解につながりやすいので、こういった表現がおすすめです。

「デートなんて久しぶり」という言葉であれば、そんな誤解が生まれることを回避しつつ、女性に特別な時間を与えられているような実感を与え、男性のプライドをくすぐりますよ。

ほかに遊ぶ男性がいないというアピールにもなるはずです。

「緊張して全然寝れなかった」

デート序盤に言いたいこのセリフ。

「緊張している」ということは、それだけドキドキしているというアピールになります。

「昨日の夜から、デートを楽しみにしてくれていたんだな」と思わせることにつながれば、男性は思わずかわいい!と感じてしまようです。

初デートは緊張するもの……。

だからこそ「緊張する」と素直に伝えたほうが、気持ちも楽になりますし、お互いにリラックスしてデートに臨めます。

「一緒で嬉しい!」

会話のなかで彼との共通点を見つけたり、同じものを持っていたりしたのなら、「一緒で嬉しい!」「私もそれ好きなんだ!嬉しい!」と、共通点がある喜びを伝えてみてください。

ただでさえ、共通点は親近感を高め、心の距離を縮めるものです。

そこに「あなたと共通するものがあって嬉しい」という感情を添えると、男性としては好意を持ってくれているのかなと嬉しく感じますよ。

素直に小さな感動を見せる姿に、かわいいと思わない男性なんて、きっといないはずです。

「また誘ってもいい?」

1度デートしただけでそれっきり……なんてことにならないよう、次につなげるセリフも重要。

「また遊ぼうね」「また連絡するね」こんなやりとりも正解ではあるけれど、彼をキュンとさせたいときにおすすめなのが、「また誘ってもいい?」というセリフです。

彼からの誘いを待つのではなく自分から誘おうとする姿勢は、かわいさアピールにもなりますし「それだけデートが楽しかった」という印象になります。

ガツガツしない積極的な姿を見せれば、脈あり感を生むきっかけにもなるはずですよ。

次のデートにつながるアクションを!

男性に「かわいい」と思ってもらうのは、じつはそんなに難しいことではありません。

ちょっとした言葉ひとつで、かわいい女性という印象は残せます。

よりかわいさを引き立たせるには、笑顔と素直さが大切です。

この2つを忘れず、キュンセリフを活用してみませんか?

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)