付き合いが長いほど、相手への気持ちは落ち着いてくるもの。

とはいえ、ふとしたきっかけで、「今までよりもっと好きだ」と恋人に対して愛情が再熱することがあるようです。

今回は、男性が彼女をもっと好きになった瞬間をご紹介します。

【男性の本音を暴露♡】彼女をもっと好きになった瞬間はコレ!

頑張る彼女の姿に胸キュン

「2人で旅行に行くとき、旅のしおりを手作りしてきてくれたんです。内心『どんだけ楽しみにしてくれてるの……嬉しい!』と思ってました。

作ってきてくれたしおりのおかげで、旅行もトラブルなく楽しめました!いい思い出です」(27歳男性/医療)

旅行に一生懸命になってくれる姿、とてもかわいいものだったことでしょう……!

デートを心から楽しむ姿勢は、彼氏をそれだけ愛している証拠です。

いつもと違う要素を追加すると、思い出として彼の心にも深く残るはずですよ。

デートに遅れても笑ってくれる

「デートにどうしても遅刻しちゃうときがありますよね。たとえば電車が遅延したり、仕事で急用ができたときとか。

『遅刻して申し訳ない』と思っているけれど、そういう『どうしようもないとき』に責められると辛くなっちゃいます。

大丈夫だよ!と笑顔で対応してくれたら、それだけでありがたいし、その日は何でもしてあげたいと思いますね」(37歳男性/証券)

「せっかく楽しみにしてきたのに、遅れるなんて!」という気持ちは、とてもよくわかります。

しかし、彼にもどうしようもできない理由のときは、笑って許してあげましょう。

デートが楽しみだったのは、きっと彼も同じです。

遅れてしまったことで、申し訳ない気持ちを抱いているかもしれないし、テンションも下がってしまっているかもしれません。

笑顔で「遅れたバツとして飲み物ごちそうして!」なんて冗談っぽく言ってあげたら、彼の気持ちも少しは軽くなりますよ。

デート中の負担を配慮する

「デートのとき、待ち合わせ場所を僕の勤務先の近くにしてくれたり、終電が近かったら『送らないでいいよ』と言ってくれたり、彼女はとにかくやさしいです。

高級なディナーに行ったときも、あとでお財布にお金をいれてくれたこともあって……。僕のことを思いやってくれるのが伝わります」(29歳男性/不動産)

忙しい毎日を送っていると、彼氏も疲れが溜まってしまうこともあるでしょう。

デートの送迎なども「しんどい」と感じることがあるかもしれません。

また、男性ばかりがお金を払うことになると、ときに生活を圧迫してしまう可能性もあります。

いろいろと思っていても、嫌われたくないので、彼女に言い出せないだけなのかもしれません。

どれだけ相手を思いやった言動がとれるかは、男女ともに考えていきたいところですね。

距離感を維持してくれる

距離感を維持してくれる

「付き合った途端に“好き好きモード”になっちゃう女性は、少し重いかな。僕は『追われると逃げたくなる』人なんで、彼女にちょっと距離を作られているくらいがちょうどいいんです。

今の彼女は、なんていうか……そういう距離感がちょうどいいんですよね」(31歳男性/IT)

あまりに彼氏が好きだからと、しつこくいると、彼氏も窮屈に感じてしまいます。

少しぐらい連絡を取らなかったり、デートを見送ったりして、あなたの時間を大切にしても心配ありません。

むしろ、それが「ありがたい」と感じる男性も意外に多く存在します。まずはあなた自身の“生活”が整ってこそ、恋愛も楽しめるものだと思いますよ。

彼氏にもっと愛される存在になろう

付き合ってしばらくすると、愛情表現をする機会が少なくなります。

しかし、相手を思いやる気持ちや2人の絆は、付き合いはじめよりも深くなっているはず。

愛情を伝えるのは、言葉だけではありません。

普段から「相手を思いやる気持ち」を持っていれば、さらに愛し愛される関係になれるはずですよ。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)