男性の中には、その気のない相手とのLINEは乗り気になれない……という人も多いです。

そのため、もし彼からのLINEがあまりにそっけない場合は、次の恋へ進んだほうがいいケースも。

そこで今回は、男性の「脈なしLINE」の特徴を4つご紹介します。

次の恋へ進んだほうがいいかも…男性の【脈なしLINE】の特徴4つ

平気で「印象が悪くなること」を言う

好きな女性に対して、わざわざ自分の印象が悪くなるようなことを言う男性はまずいません。

そのため彼が「貧乏で貯金もない」とか「色んな女の子と遊んでるよ」なんて話を平然とするなら、脈なしなのかもしれません。

またクスっと笑えるものじゃない、下品な話をバンバン言ってくるケースも同様。

あなたのことは、友達としてしか見ていないのかもしれません。

そんな場合は、女性側から好意をチラ見せすることで、彼が急にあなたを異性として認識しはじめる可能性もあります。

たとえば「○○くんと話してると楽しいな」など少し甘えたセリフは、有効かもしれませんね。

いつも「スタンプで返信」してくる

メッセージを送ったとき、いつもスタンプで返信してくる男性も脈なしかもしれません。

そもそも会話する気が薄く、長々と話を続ける気分になれないからこそ「ここはスタンプで済まそう」と考えることもあるよう。

そのうえ同じスタンプばかり連投する場合は、スタンプを探すことさえ億劫になっている可能性も。

正直、こんな状態の彼と話を続けるのは難しいです。

そのため、一旦引いてみるというのが一つのですよ。

話を「終わらせよう」とする

話を「終わらせよう」とする

気になる女性からのLINEなら、男性としても少しでも長く話していたいと思うもの。

そんな様子が見えず、話を膨らませる雰囲気がゼロという場合は、脈なしの可能性大。

すぐに「じゃあまた今度」「そろそろ寝ようかな」などと、すぐに締めのセリフを送る男性も、話を終わらせようとしているのでしょう。

とはいえ、本当に疲れていたり、SNSが苦手なタイプの男性も少なくありません。

そのため脈なしLINEかどうか分かりづらい場合は、実際会ったときの会話の様子にも注目してみましょう。

もし話を盛り上げてくれるなら、嫌われているわけではないはず。

彼から「話題を振らない」

あなたの質問に答えるだけだったり、ただ相づちを打つだけだったり……。

こんなふうに彼からなにも話題を提供しない場合も、会話に乗り気ではない証拠かもしれません。

とはいえ女性側から話を振りすぎて、彼が話題を出す隙がないという場合もあります。

そんなときは、彼の得意分野について質問したり、興味のありそうな話題を振ったりと、彼が話しやすい状況を作ってみましょう。

彼のリアクションを見極めて!

そもそも男性の中には、SNSが得意ではない人も多いです。

そのため、女性からガンガンLINEを送ることで、さらにLINEが億劫になってしまう男性もいるのです。

もし彼に、今回ご紹介した「脈なしLINE」のサインが見られたら、一旦引いてみたほうがいいでしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)