彼氏と、「甘えられたい」「甘えたい」の需要が合うか合わないかは、相性にも直結することがあります。

自分は甘えられたいのに、彼も甘えられたいと、どちらもフラストレーションが溜まってしまいます。

そうした要望をしっかりと話して伝えることは大切ですが、言いにくいところもあるかもしれません。

そこで今回は、男性の星座別に、「甘える」「甘えられる」のどちらを求めているのか占いました。

前編に引き続き後編として、てんびん座(9/23~10/23)〜うお座(2/19~3/20)までをご紹介いたします。

【後編】男性の星座別♡「甘える」or「甘えられる」彼はどっち派?

てんびん座(9/23~10/23)

【甘えたい派】

人間関係を円滑にまわすエキスパートのてんびん座の男性。

甘えるのも甘えられるも上手にこなせる星座ですが、彼女には甘えたい派です。

彼女とは本物の愛情関係を築きたいてんびん座男性は、広い心で甘えさせえくれることを彼女に求めるのです。

さそり座(10/24~11/21)

【甘えられたい派】

用心深くて、他人になかなか心を開かないさそり座の男性。

甘えられることで、「信頼されている!」と実感でき、自分も彼女のことを信頼していいのだと思うようになるでしょう。

甘えたい気持ちもあるので、信頼関係がさらに深まると甘えることも出てきますが、初めは甘えられたいようです。

いて座(11/22~12/21)

【甘えたい派】

いて座の男性はナチュラルボーン甘え上手。

甘えているという自覚があまりないまま彼女に甘えるでしょう。

自分の好きなように行動しているだけなのですが、自然と甘える行動をとっているのです。

やぎ座(12/22~1/19)

【甘えたい派】

キマジメなやぎ座の男性は、ちゃんとした理由がなく甘えられるのはイラっとするでしょう。

普段は甘えるのも苦手ですが、彼女に対しては甘えたい派!

マジメな分、ストレスもたまります。

思う存分彼女に甘えて、癒やしてほしいのです。

みずがめ座(1/20~2/18)

【甘えたい派】

友だちには、甘えるのも甘えられるのも気さくにやりますが、彼女には、自分の思うまま接したいのがみずがめ座の男性。

普段器用に振る舞っている分、彼女には思うまま甘えたいのです。

うお座(2/19~3/20)

【甘えたい派】

12星座イチ甘えん坊なのがうお座です。

まわりに影響されやすく、傷つきやすくもあるので、女性に甘えることで癒やしを得ようとします。

甘えられるラブラブスイートな感じも好きではあるのですが、それを男らしく受け止めるというより、甘えあう関係が理想なのかもしれません。

臨機応変に使い分けよう

「甘えたい派」「甘えられたい派」人にはそれぞれ好みがあると思います。

しかし、ときには好きな相手の好みに合わせてあげることも、いい関係を築くには大切なことです。

今回の占いを活用して、彼とよりよい関係を築いてくださいね!

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)