年下を好きなってしまったときこそ心配なのが、ジェネレーションギャップですよね。

無意識のうちに「おばさんくさいLINE」を送って、年下くんを萎えたくないのはみんな同じ。

そこで今回は、年下男性がドン引きする「おばさんLINE」の特徴をご紹介します。

ガン萎え!男性がドン引きする「おばさんLINE」の特徴4つ

1.「〇〇がテレビに出てるよ!」

テレビにきれいな女優が映ったとき、「○○がテレビ出てるよ~!」「○○の番組見てみて~!」と無理矢理推すようなLINE。

ミーハー気質丸出しで、おばさんくさいものを感じさせてしまいます。

たとえ自分の世代では人気があったからといって、年下の彼の世代にもウケるとも限りません。

リアルタイムで教えなくても、次に会うときに「テレビに出ていたよ」くらいに話題にするのがいいでしょう。

2.「また〇〇してるんじゃない?」

たとえば、年下くんから「昨日、夜更かしをしたんだよね~」「休日はダラダラしてばかりだよ……」と聞いたとき。

彼に、だらしない一面があったとしても「また夜更かしするつもりでしょ!」「またダラダラしているんじゃないの?」のようなお説教LINEは、やめましょう。

上から目線で、おばさんくささを感じさせてしまいます。

相手を否定せずにLINEしてあげると、逆に好感度もアップしますよ。

3.「〇〇を買ったんだけど…」

年下くんにお土産を買ったとき、早く渡したくて、「お土産買ったの!ネットでおいしいって評判のおせんべい!明日渡すからね!」と思わず送ってしまうLINE。

お土産を渡すまえから、ペラペラネタバレするのは少しおばさんくさいかも。

中身は詳しく言わずに「お土産買ったよ~!今度会ったときに渡してもいい?」と伝えましょう。

彼は「何を買ってくれたんだろう」とドキドキして、次に会うのを楽しみにしてくれますよ。

4.「知ってる?〇〇なんだって!」

うわさ話を「ものすごくおもしろい話!」「知ってる?」と大げさに盛り上がってしまうと、おばさんくささがアップしてしまいます。

「〇〇ちゃんフラれたんだって!」「〇〇さんの趣味、〇〇なんだって!意外でしょ~?」などは、彼が「詮索好きだなあ」「俺に言っていいの?」と感じるので、送らないようにしましょう。

うわさ話をうのみにせず、ちょっと話題にふれるくらいなら、おばさんくささを防げますよ。

LINEを送る前にチェックして

「自分は大丈夫」と思っていると、いつの間にかおばさんくさく感じられていることも……。

言葉の伝え方や言葉のチョイスは、気をつければ改善できるもの。

LINEを送る前に、相手が言われて嬉しいか考えてみてくださいね。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)