相手は恋に積極的なのか奥手なのか、恋をすると気になりますよね。

もし奥手な相手なら、自分から行動しないと進展できません。

そこで今回は、男性の星座別に、「恋愛奥手度」は何パーセントかを占いました。

前編に引き続き、後編としててんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)までのご紹介です。

【後編】男性の星座で占う!恋愛の「奥手度」は何パーセント?

てんびん座(9/23〜10/23)

【30%】

優雅でジェントルなてんびん座男性。

コミュニケーション能力にも優れているので、好きな人ができれば自分から動きます。

しかし、勝率の低い恋には及び腰なので、こちらからもサラッと軽やかにアピールするといいでしょう。

さそり座(10/24〜11/22)

【80%】

傷つくことに敏感なさそり座男性。

疑い深いため、アプローチをするにもかなり時間がかかります。

好きなら急かさず、ゆっくりじっくり仲よくなっていきましょう。

そうすればもう少し積極的にきてくれるでしょう。

いて座(11/23〜12/21)

【10%】

考えるよりも行動するタイプのいて座男性。

熱しやすいので、好きになったら相手の気持ちを探ることはせず、すぐ動きます。

ただ、同時に冷めやすく気まぐれなので、相手の反応がイマイチだとすぐ諦めるところも。

いて座男性が好きなら変に焦らさず素直でいた方が◎。

やぎ座(12/22〜1/19)

【80%】

堅物なところがあるやぎ座男性。

恋愛において軽やかさはなく、女心にも疎いので、どうアプローチしていいのかわからない人が多め。

やぎ座男性が好きならリードをするのではなく、「〇〇について教えてほしいです」など相手の自尊心を高めるアプローチがよいでしょう。

みずがめ座(1/20〜2/18)

【70%】

博愛主義な人が多いみずがめ座男性。

誰にでも優しいけれど、本気で好きな相手には天邪鬼な態度を取ってしまうなど、やや奥手。

みずがめ座男性のことが好きなら、天邪鬼な態度も受け入れ、個性的で賢い態度で接すると○

うお座(2/19〜3/20)

【50%】

恋をしたら盲目になるうお座男性。

恋した相手のことしか見えなくなり、自分から絡みに行きます。

でもジモジしていて、できれば相手に告白をしてほしいと思っているので、女性から告白をしたほうが早いかも。

相手の恋愛観を見極めよう

アプローチがないのは、気持ちがないからなのか、それともただ単に奥手だからなのか。

その見極めはとても難しいですが、この記事を参考に見極め、いいアピール方法を模索してみてくださいね!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)