本当に好きなのかどうかがわからないうちに、なんとなくで付き合ってしまうこともあるかもしれません。

でも、そういった恋愛で後悔したことがあるのなら、やはり改善はしたほうがいいでしょう。

そこで今回は、好きじゃないのに「なんとなく付き合ってしまう」原因をご紹介します。

後悔するかも…好きじゃないのに「なんとなく付き合ってしまう」原因

友達に紹介されたから

友達の紹介で知り合って交際がスタートするというのは、よくあるケースでもあります。

それでお互いに本当に意気投合して好きになって付き合うのであればいいですが、なんとなくで付き合ってしまうのは後悔することになるだけ。

「せっかく友人がお薦めしてくれたから」とか「友人との関係性も壊したくない」なんて思いもあるかもしれませんが、だからといって無理に付き合う必要は全くありません。

恋愛のアドバイスや手助けをしてくれる友人はあり難い存在ではありますが、あくまでも最終的に決めるのはあなた自身でなきゃダメですよ。

寂しさを埋めたいから

ひとりでいることの寂しさに耐えられない女性は、その寂しさを埋めるためだけに恋人を作ってしまうこともあるかも。

でも、それで寂しさが打ち消せたあとは、好きで付き合った相手でなければ、思いも冷めやすいでしょう。

寂しさを埋めるだけの恋愛をくり返していては、いつまでも幸せな恋愛ができなくなる危険性も高いです。

一時の寂しさに振り回されすぎないようにしないと、負の連鎖を生み出すようなことになりかねませんよ。

断る理由がなかったから

「別に嫌いじゃないから」という理由で付き合ってしまうという女性も、意外と少なくありません。

でも、断る理由がとくにないからと告白にOKを出すのは、避けましょう。

「別に嫌いじゃない」というのは「とくに好きでもない」ということでもあるので、それは恋人に選ぶ相手とはちょっと違うのかも。

断る勇気もきちんと持っていないと、都合のいい相手にされる危険性もあるので、十分に気をつけてくださいね。

流されやすいから

なんとなく付き合ってしまう原因のもっとも典型的なものが、「流されやすい」ということでしょう。

「好きだ好きだ」と強引に押されているうちに、半ばなし崩し的に付き合うことになっていたというパターンも多いもの。

また、この手の女性は「付き合っていくうちに好きになるかも」といった考えになりやすい傾向が。

それで本当に好きになれれば問題はないですが、自分は押されて後から好きになることはあまりないとわかっているのなら、押しに負けずに断らないと、結局は後悔するだけですよ。

好きな人と付き合って

当然ですが、自分が「この人が好き」と思っている男性と付き合うのが一番幸せなはずです。

ただ流されて付き合うような恋愛ばかりをしていると、あまりいい恋愛ができなくなってしまうかもしれませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)