多くの場合、男性にモテるのはうれしいですが、全然興味がない男性から頻繁にLINEが来るとかなり迷惑ですよね。

それも遊びのお誘いとなればなおさらではないでしょうか。

何回か断るとだんだんと断りにくくなり、こちらが悪いわけではないのに気まずくなる……。

できれば自然にフェードアウトしてくれればいいのに……と思うこともあるでしょう。

そこで今回は、どうでもいい男性からくるLINEのかわし方をアドバイスします。

ただの迷惑!どうでもいい男性からくるLINEの交わし方3つ

既読無視する

お誘いLINEが来ても、知らないふりして既読無視するのは一つのも手です。

相手に悪いと思って、いちいち返事を返すのは逆効果。

「こんなにちゃんと返事が来るってことは……LINEでは釣れない返事をしていても、そのうち自分に関心を寄せるようになるのでは?」と期待させてしまいかねません。

それよりも、既読無視して冷たくしておけば、あなたにお誘いLINEを出すのが辛くなってくるはずです。

恋人がいる風を装う

デートのお誘いをしてくる男性はたいてい、あなたに恋人がいないと思っているからです。

男性としても、フリーのあなたにただアタックしているだけなのでしょう。

あなたに特定の恋人がいれば、多くの人は自然と諦めるものです。

そこで、あなたには恋人がいるということを匂わせてみてください。

「いつも日曜日は先約があるの」なんて言ってみてはいかがでしょうか?

ここで注意すべきは匂わせることが大事であり、嘘をついてはいけません。

恋人がいると言い切ってしまうと、知らないところでその話が広まってしまうかも。

あまりLINEを使わないと伝える

あまりLINEを使わないと伝える

お誘いLINEが来る人がよく会う人だった場合、既読スルーはなんとなく気まずいもの。

そんなときは、「私あまりLINE見なくって」「ついLINEの返事忘れてしまうんですよね」など、悪びれず言い訳してみましょう。

LINEが自分にとってコミュニケーションツールではないということが相手に伝われば、相手も仕方がないと思うしかないでしょう。

言い訳しながら、ひそかに距離を置くと効果も増すはずです。

暖簾に腕押しの相手とコミュニケーションを取り続けるのは意外としんどいものです。

少しずつになってしまいますが、時間をかけて遠ざけていきましょう。

相手もそのうちあなたと距離を置きだすはずです。

優しさを見せない方が◎

どうでもいい男性にLINEの返事をすれば、相手はあなたが脈ありと思ってさらにお誘いLINEをエスカレートさせるでしょう。

遠回しにお断りしても、分からない人にはわかりません。

真摯に向き合うことより、冷たくして距離を置くほうが効果的です。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)