「会話の相性」は、そのままその人との相性になるもの。

気になる相手に、「この人とは相性悪いなあ」と思われないためにも、男性が嫌う話し方をチェックしておく必要があります。

そこで今回は、男性から「居心地が悪い」と避けられてしまう話し方の特徴を紹介します。

自分に当てはまっていないか、チェックしてみてくださいね。

もう話したくない…男性が「居心地が悪い」と感じる話し方とは

うわさ話

「うわさ話が好きな人って、なんかおばちゃんっぽい感じがします。
あとはそうですね……『〇〇らしいよ』とか、人から聞いた話ばっかりの人は、中身がないんだなって思います」(26歳男性/エンジニア)

その気はなくても、うわさ話が悪口になってしまうことは珍しくありません。

もしそれが広まっていけば、あなたの印象も下がってしまうでしょう。

それ以外にも、会話のネタになるものは沢山あります。自分のことを話せば誰も不快に思わずに聞いていられますし、自分のことを相手に知ってもらうよいチャンスになるでしょう。

威圧的な話し方

「やたら偉そうに話す人っているじゃないですか。あれはマジで楽しくないですよね。
『モテるアピール』してきたり、人の話に『で?』とか言われたりすると、何様なの?って思います」(25歳男性/アパレル)

言い方一つで、相手の受け取り方がだいぶ変わります。

自慢話や、裕福さをアピールするような話し方も避けましょう。

話の揚げ足をとる

「相手の話の揚げ足をとる人っていますよね。
別に黙っていればいいのに、『その言葉の意味違うよね?』とかニヤニヤ笑ってツッコミ入れるのって感じ悪いなって思います。

間違いを訂正したいなら『こういうことかな?』と優しく言えばいいのに。上から目線が鼻につくんですよ」(28歳男性/経理)

人の間違ったポイントを「楽しそうに」指摘するのは、自分の品格まで下げることにつながります。

言葉を間違って使っている場合は「こういうことが言いたいのかな?」と優しく指摘できるといいですね。

相手に話題をふらない

「自分の話ばっかりしている女性はイヤですね。

聞いてるより話す方が楽しいし、コミュニケーションをとるなら自分の発言にも注目してもらいたいです。

一人で話しているだけじゃスピーチと一緒じゃないですか」(27歳男性/介護士)

自分の得意な話は、「周囲も楽しいはず」と思うことでしょう。

しかし、コミュニケーションをとるのには、相手の話を聞くことも大事。

相手にも「どう思う?」とパスを投げると、会話も盛り上がるでしょう。

話し上手になろう!

印象のいい話し方ができるようになると、気になる男性との距離も縮めやすくなります。

今回の記事を参考にして、男性が嫌がる話題や話し方を封印してみてくださいね!

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)