笑える話をきっかけに、人と距離が縮まった経験はありませんか?

緊張をほぐし和やかな雰囲気をつくってくれる笑い話は、男性との距離を近づけてくれる可能性大。

でも、いきなり笑い話をしようとするのは難しいですよね……。

そこで今回は、男性との会話にぴったりな「笑える話」の作り方をご紹介します。

会話のネタにぴったり!「笑える話」の作り方

日々、ネタ集めをする

笑い話をするためには、日々笑える話を自身のなかでストックしておくことが重要。

友達の体験談でも「この間こんなことがあって……」と、笑い話として話すことができます。

自分の身に起きたことだけではなく、周りの人との関わりのなかで「おもしろい!」「思わず笑ってしまった」という出来事があれば、要チェック。

日ごろからおもしろい話を探すよう意識しておけば、話すネタに困りませんし、自身も楽しく過ごせるという副産物も期待できます。

嫌なところも笑いに変える

男性は、いつもニコニコしている女性と一緒にいたいもの。

笑顔を絶やさないようにするためには、いつもポジティブな気持ちでいることが大切です。

そのためには、相手の嫌なところを感じたり、腹が立つ出来事があったりしても、自分のなかで笑い話として消化することが効果的。

「ここまで遅刻癖が治らないのは、もはやギャグじゃん!」などと笑える話として受け止めると、いちいちカリカリしなくて済みますよ。

ただ、相手の行動を「ウケる~」と口にするのはNG。

自分の失敗談をネタにする

失敗談は笑い話にしやすい話題です。

失敗を笑い話として話すためには、高めのテンションで、笑顔で話すことがポイント。

そして自虐ネタではなく、「自身も笑えた失敗」を話すようにしてみてください。

また、悪い印象を避けるために「自分の失敗によって、自分だけが損をした話」をチョイスするのがおすすめ!

失敗を打ち明けると親近感がわきますし、距離が縮まるきっかけにもなりそうです。

仕事の不満や愚痴をおもしろく話す

仕事の不満や愚痴を話したいときもありますよね。

でも解決策を見出すような会話ではなく、愚痴や不満を言ってしまうと、ネガティブな印象を与えかねません。

そんなときも、「こんなトラブルがあって~笑えるでしょ?」「先輩が〇〇な人で、毎日大変なの(笑)」と笑い話に変換して話すようにすると、相手も笑顔で聞きやすいですし悪い印象になりません。

笑い話で会話を和ませつつ、仕事に一生懸命取り組む女性だと印象付けることができるはずです。

ポジティブな話題を

「この子おもしろいな」という印象は、「また会いたい」という感情にもつながります。

真面目な会話も大切ですが、笑い話を楽しめるように意識すると、もっと会話上手な女性になれるはず。

好きな人との会話を楽しんで、賢く距離を縮めていきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)