気になる彼とお付き合いしたいなら、女性から攻めることも必要でしょう。

「男性には追わせた方がいい」なんて言われても、ただ待っているだけじゃだめですよね。

そこで今回は、成功する「すべらないアプローチ」のコツをご紹介します。

成功させたい!「すべらないアプローチ」のコツとは

彼女がいるかどうかはそこまで関係ない

「彼女がいるときでも、女子から好意を出されること自体はうれしいかも……」(29歳男性/コンサル)

「彼女がいるのでちょっと……」は、タイプじゃない女性への、ていのいい断り文句であることも。

また、彼女がいるのを知っているのに強引に押す女性は、モラルに欠ける自分勝手な女と思われます。

彼女持ちの男性を押すなら謙虚に、または彼女がいるのは知らないそぶりで押していきましょう。

今彼女がいても、「待ってます」と手を上げること自体はOKという男性も多いですよ。

存在を認知してもらうことが重要

「いくらかわいくても、ぜんぜん知らない人とか顔見知りレベルだと、いきなりグイグイ来られても引いてしまう」(26歳男性/飲食)

女性からの、すべらないアプローチの大前提に「彼に自分がちゃんと認識されていること」があります。

いくらかわいい子でも、知らない人からのいきなりの告白で「つきあっちゃう?」なんてできるのは高校生くらいまで。

社会人の男性は、よく知らない子というだけでしり込みしてしまう場合も。

たとえばですが、「街で見かけた超タイプな人」などの場合はまずは連絡先だけ渡すなど、「知らない女がガツガツきた」と思わせないことが大事です。

「同じ会社の○○さん」「講義のとき、隣の席によく座るメガネの子だ」など、まずはあなたの存在を認知してもらうところから始めましょう。

誘ってもらったら好意を示して

誘ってもらったら好意を示して

「いいな、と思う女子に『今度ご飯でも』って誘っても反応が薄いと、その気がないのかな?といったん横に置くって感じです」(25歳男性/商社)

好きな人にどんなアプローチをすればいい?と悩む割に、いざ彼から興味を示されると「本気?遊び?」「私が自意識過剰なの?」と動揺し、うすい反応を返してしまう女性が多いようです。

女性からのすべらないアプローチに必要なものはタイミング。

彼の関心がこちらに向いている!と感じたら、迷わず自分も好意を出して。

断られても諦めない

「誘ってくれた子を嫌いとかじゃなくても、都合が合わないこととかあるでしょ。そんなとき、断ったらこっちがびっくりするくらいへこんじゃう子には、なんか罪悪感が……。苦手です」(32歳男性/金融)

勇気を出して彼を誘ったのに、断られてしまった!

そんなとき、ショックでフリーズしてしまう女性も少なくありません。

また、あっさり引き下がると本気じゃないと思われるのでは?という心配もあるでしょう。

でも男性にしてみれば、自分のせいで女性ががっかりしたり、悲しむこと自体が大きなストレスであることも。

がっかりしまくるあなたを見て「え、なんかごめん……」と気まずく感じる場合もあります。

断られてもケロッと「ふーん、また今度ね」といえる女性は強いです。

一度断られた=脈なし!と思いつめないで。

徐々に仲良くなることが大事!

ガツガツしすぎ、重く考えすぎ……こんな態度を避け、タイミングだけ気を付ければ、女性からの押しでもうまく行くことは多いです。

そして、一度のアクションで劇的に仲良くなろうとしたり、気合いを込めすぎないのも大事です。

人間関係は、徐々に変わっていくことの方が多いです。

自分と彼の距離感をよく見極めて動くのが成功のコツです!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)