彼とふたりきりで話しているとき、ついついひとりで盛り上がってしまうことがありませんか?

彼にとって興味のある内容ならともかく、全くどうでもいい話題だった場合は聞く側としては苦痛ですよね。

そこで今回は、男性が「この話つまんないな……」と思っているときのサインをご紹介します。

「もしかして彼は私との会話に退屈してる?」と心配なあなたは、ぜひチェックしてみてください。

男性が「この話つまんないな…」と思っているときのサイン4つ

スマホばかり触っている

「聞いている素振りはしつつ、手元ではついスマホゲームやっちゃいますね……。時間見たりLINE開いたり、退屈したら無意識のうちにスマホ触ってるかも」(24歳男性/美容師)

相手の話がつまらないときは意識が無関係な方向に飛んで行ってしまいがち。

スマホが気になる現代人の場合はとくにわかりやすく、相槌を打ちながらもついゲームやアプリを開いて見てしまう、という人も多いようです。

適当な相づち

「『あーわかる!』とか『それな~!』とかとりあえず共感して話を聞いてる雰囲気出してます。

つまらない話でも上手に聞いてるつもりなんですけど、元カノには『相づちがわざとらしい』って怒られました」(27歳男性/営業)

聞き上手な男性は確かに魅力的ですが、上辺だけの「わかるー!」を連発されるととりあえず共感すればOKという意図が透けて見えてしまいそう。

彼がそんなリアクションばかりするという人は、じつはあなたの話の中身には興味を持ってない証拠かもしれません。

リアクションがない

リアクションがない

「デートで芸能人のゴシップばかり話されて、どんな顔で聞けばいいのかわからず結果的に無表情になってた。

相づちも『ふ~ん』『へ~』しか言ってないのに彼女の話は止まらず……」(23歳男性/大学院生)

退屈さを隠しきれない素直な男性の場合、「ふーん」「へー」などの適当すぎる相づちを連発してしまうそう。

心ここにあらずで、受け答えが雑な彼にイラッときて「話聞いてるの?」とケンカになる……というのはありがちですよね。

全く関係ない話を振る

「つまらない話は聞くのが苦痛なので、なるべく話を変えます。唐突に『そういえば!』と全く関係ない話を振って彼女の話を強制終了させたり」(25歳男性/エンジニア)

自然に話の流れを変えられるのなら角も立たないのですが、唐突に関係ない話題にされると誰でも困惑してしまいそうですよね。

「彼と話してるといつも急に話が変わるなぁ」と感じている場合、もしかしたら彼は「この話題早く終わってくれ!」と思っているのかもしれません。

ふたりの会話では、彼にとっても楽しい話題を提供しよう

男性と女性では興味やコミュニケーションの仕方が食い違うのもよくあること。

自分にとっては話したくてしょうがない内容だとしても、会話が一方的になってしまっては関係は深まりませんよね。

お互いに楽しい時間を過ごすためには、相手の表情をよく見つつ、共有しあえる話題をセレクトするよう心がけましょう。

(愛カツ編集部)