お付き合いや結婚を考えたとき、彼と自分の相性が気になる女性も多いでしょう。

でも「ケンカはするけど好き」「彼の顔とスペックは最高だけど、価値観が合わない……」と、相性を見極めるのって意外と難しいもの。

そこで今回は、彼との「相性の見極め方」をご紹介します。

本当に彼でいいのかしら?彼との【相性の見極め方】とは

なんでも一番に伝えたいのは彼かどうか

嬉しいことや悲しいことがあった時、一番に伝えたい相手は誰ですか?

それが家族でも親友でもなく彼なら、あなたの人生において彼は重要で、必要な人なのでしょう。

感情をシェアできる相手って、生きていくうえで大事な存在です。

そのため、お互いに感情を共有し合えているのなら、2人の絆はかなり深まっているはず。

よそ見をするかどうか

好きな彼とお付き合いしていても、つい「他にいい人いないかな?」なんてよそ見してしまうこともあるでしょう。

しかし相性のいい彼と関係が深まってくると、よそ見する気も起きないし、出会いがある飲み会にも行かなくもいいかな、という気持ちになることがあるのです。

そういう気持ちになれる相手なら、彼こそがあなたの運命の人かもしれません。

「彼を逃したら後がない!」という危機感からでなく、「彼以外の異性に興味もわかない」という気持ちなら、きっと本物ですよ。

一緒にいると成長し合えるかどうか

もし彼との相性がよければ、一緒にいるだけでお互いに成長し合える関係になれるはず。

たとえば向上心が湧いてくる、相手から学べることがあるなど。

もし逆に、彼から学べるところがない、一緒にいると自分がダメになってる気がする……というのなら、相性がいいとはいえないかもしれません。

他人の言葉で気持ちが揺らぐかどうか

他人の言葉で気持ちが揺るがない

友人や知人からの助言で、つい「彼でいいのかな……」なんて気持ちが揺らいでしまうこともあるでしょう。

しかし、その様子では先行き不安。

不安になる気持ちは分かりますが、その不安も彼と話し合ったり、自分の気持ちを大事にしたりすることで解消できるはず。

たしかに友人や知人の意見も大事ですが、彼への自分の気持ちを一番に信じてあげたいものですね。

お互いに尊敬できるかどうか

たとえ年齢差や収入差があっても対等に付き合えていて、相手のことを尊重できている2人なら相性バツグンでしょう。

それに相手のことを尊敬し続けるって、意外と難しいもの。

そんな関係が長く続いているなら、きっと最高のパートナーといえるはずです。

真のパートナーを見極めよう!

2人の関係が安定してくると、彼のことが本当に好きなのか分からなくなることもあるでしょう。

しかし、もし今回ご紹介したようなサインが見られるなら、2人はきっと真のパートナー。

とはいえあくまで「目安」ですから、2人の工夫でもっと関係を深めることは可能ですよ!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)