気になる彼にLINEを送っても、既読スルーが増えてきた気がする……。

そんなとき自分は脈なしなのか、それともLINEの送り方がマズイだけなのかは気になるところ。

そこで今回は、男性がつい既読スルーしてしまう「返信に困るLINEの特徴」をご紹介します。

男性に聞いた!【返信に困るLINE】の特徴3つ

愚痴ばかり

「気になっていた子から、仕事の愚痴ばかり送られてくるんですが、慰めたり励ましたりしても愚痴り続けるんです……。
あまりにエンドレスだと、スルーでいいかなってなっちゃう」(26歳男性/販売)

「楽しい話よりも愚痴ばかりの子って、『また来たか』ってなって返信しないこともある」(30歳男性/IT)

気になる彼との仲が深まると、つい日常の愚痴を吐き出したくなることもあるでしょう。

しかし、あまり彼にその気持ちをぶつけすぎると、今度は彼が疲れてしまうこともあるのです。

そのため、もし愚痴を彼に送りたくなったら「でも、切り替えて頑張る!」などポジティブな一言も添えて送るのがオススメ。

「聞いてくれてありがとう。楽になったよ」と彼への感謝と気遣いも忘れずに。

すると彼も、頼りにしてもらえたと嬉しい気持ちになるかもしれません。

意味のないメッセージ

「ある子から、突然『にゃー』と一言だけ来たり、セリフのないスタンプが送られて来たりするんです。
あれ、なんて返すのが正解なの?
忙しいとスタンプだけで返すしかなくて、最近は既読スルーも多くなっちゃいましたね……」(31歳男性/営業)

彼の様子が気になったり、寂しかったりして、とくにネタもないまま意味のないメッセージを送ることってありませんか?

そんなLINEに対し、はじめは「どうしたの?」と丁寧に返していた彼も、それが続けばだんだん面倒になってくる……なんてことも。

これは、送信意図の分かりづらいスタンプを送ったときも同様です。

もし彼とのLINEを弾ませたいなら、彼が興味のありそうな話題について聞くほうが効果的ですよ。

長文すぎる

長文すぎる

「長文LINEが多い子って、一生懸命なのは伝わるんだけど、結局なにが言いたいのか分からないことも多い。
質問の数とかも多くて、なにに対してどんな返信がほしいのかな?」(32歳男性/通信)

気になる彼へいろいろ伝えたくて、つい長文になってしまう女性も結構います。

でもそれ、結局なにが言いたいのかが伝わらない文章になっていませんか?

暇なときならじっくり読んで返してくれる男性も、忙しいと「あとでいいか」と思ううちに忘れてしまうこともあるよう。

それに、長文だと彼が気軽に返信しにくいというデメリットもあります。

そのためLINEでは、彼がパッと内容を理解できるような簡潔さも意識してみましょう。

彼が返信しやすいLINEに!

気になる彼からの既読スルーが続くと、それだけLINEを送りづらくなりますよね。

でも彼と仲良くなるために送ったLINEで疎遠になったら、悲しいもの。

そのため今回ご紹介した内容をおさえて、彼とのLINEをもっと楽しみましょう!

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)