意中の彼とのデートなら、「また誘いたい!」と彼に思ってもらいたいもの。

しかし、どんなきっかけで彼はそんなふうに思ってくれるのでしょう……?

そこで今回は、男性は「また誘いたくなる女性」の特徴をご紹介します。

また2人で会おう!男性が【また誘いたくなる女性】の特徴とは?

おいしそうにごはんを食べる

「おいしそうにごはんを食べる子って、やっぱり好印象だと思う。
満面の笑みで『おいしい!』『初めて食べた!』なんて言われたら、また連れてきてあげたいなって思うよね」(29歳男性/営業)

デートって、食事をする機会も多いもの。

そんなときに、どんな料理でもおいしそうに食べてくれる女性は好印象を残しやすいようです。

そのため彼にどう思われるかということは横において、食事を素直に楽しんでOKですよ。

プライベートな話をする

「デートのとき、なんでも『うん、うん』って聞いてくれるのもいいけど、たまにはプライベートな話も聞きたいんだよね。

だって、僕もその子のことが興味があってデートに誘ってるわけだから、お互いにいろんな話がしたいなあって思う。
愚痴ばっかりじゃ反応に困るけど、その子のことをもっと知れる会話がしたい」(30歳男性/事務)

「聞き上手な女子がモテる」「相槌をうまく打って、彼に話させるのがいい」、そんなモテテクニックを聞いたこともあるかもしれません。

そのため、デートでも聞き役に回りがちな女性も多いのではないでしょうか?

とはいえ、男性のタイプによっては「もっとあなたの話を聞かせてほしい!」と考えている人もいるよう。

彼の話を聞いたら、自分の話も織り交ぜてみるのもアリですよ。

好意が見える

好意が見える

「その子のなにかが悪いってわけじゃないけど、単純に僕に気がなさそうな子は次も誘おうって思えない。
逆に『この子、僕のこと好きかも!』って分かれば、『また誘っていいんだ』と安心できます」(26歳男性/事務)

彼に次のデートに誘われない理由は、「彼に好かれていないから」ではないこともあります。

この男性のように、女性から好意を感じられないことでデートの誘いに踏み切れない人もいるからです。

そのため、告白とはいかないまでも「嫌いじゃないよ」「好意を持っているよ」というサインを出したほうが関係が進展しやすくなりますよ。

ポジティブ

「デートで僕が道を間違えて遠回りしちゃったとき、好きな子が『お散歩できていいじゃん!』ってフォローしてくれたんです。
ありがたいなあって思ったし、本当に一緒にいて楽しいことばかりだった」(32歳男性/接客)

デートするときって、意外と男性も緊張していることがあります。

そのため、ちょっとしたミスが生まれることも。

そんなときミスもポジティブに変えてくれるような女性なら、彼も一日中楽しい気分で過ごすことができるでしょう。

それから、意外に言いがちな「疲れちゃった」「おなかすいた」などのストレートな発言も、伝え方によっては彼が「俺のせいかも?」と気に病んでしまう場合があります。

できるだけポジティブな伝え方を選択し、アクシデントにも寛容でありたいものですね。

2人で楽しむ気持ちを大切に!

いつも相づちを打ちながら話を聞いてくれる女性は、たしかに彼に嫌われにくいかもしれません。

しかし、自分の気持ちを彼に伝えることで「また誘いたい」と彼に思われやすくなります。

そのためデートは2人で楽しむものと心得て、目一杯楽しんでくださいね!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)