気になる人とせっかくいい感じになれたのに、ムードを壊してしまったら最悪ですよね。

2人の関係をより深めるためにも、最後まで気を抜きたくないもの……。

そこで今回は、気になる人との関係を悪化させかねない「NG行為」をご紹介します!

ムードぶち壊し!気になる彼との関係が悪化する「NG行為」

感情の浮き沈みが激しい

楽しい嬉しいなどの感情を共有できることは、男性も嬉しいもの。

しかし、あまりにも感情の浮き沈みが激しいと、扱いにくいなと感じてしまうでしょう。

たとえば、疲れているときしゃべらなくなったり、相手からすると理由もわからず機嫌が悪かったり……

その日の体調やコンディションもあるとは思いますが、そんな態度では相手も疲れてしまうでしょう。

どうしても感情をコントロールできないのであれば、いったんその場を離れてみるのもいいと思いますよ。

他人の悪口を言う

「あの人の〇〇なところが嫌い」「〇〇な人って信用できないよね」という話は、あなたの印象を悪くしてしまうでしょう。

相手とのムードを盛り上げようとして、多くの女性がしてしまいがちなミスの1つです。

悪口ではなく、「〇〇さんのこういうところがいいよね」「あの人って誠実さを感じるよね」と、プラスの面を口にするように心がけましょう。

プライベートに干渉しすぎる

自分のことを気にかけてくれる人は、その優しさと気遣いに喜びを感じますよね。

でもあまりに度が過ぎた行為は、監視されているような気分になって、冷めてしまうなんてことも……。

相手によっては、プライベートを根掘り葉掘り聞かれることを嫌がることもあるでしょう。

「もし、いろいろ聞かれるの嫌だったら言ってね」と、相手の気持ちを尊重することも大切です。

自分語りが多い

気になる人に「自分のことをもっと知ってほしい」「話を聞いてほしい」という気持ちが生じるのは、ごく自然なこと。

でも、自分のことばかり話していると、気が利かない自分勝手な人だと思われ、ぎこちない時間が流れてしまう可能性も……。

会話の中で、「私」という主語を3回連続で使うことがあれば要注意です。

自分の主語が続くようであれば、一度相手に話を振って、あなたが聞く立場になるようにスイッチしてみましょう。

関係を深めるために心がけて

気になる人といいムードになると、つい張り切ってひとこと多くなってしまうもの。

せっかくの2人の時間だからこそ、ムードをぶち壊さないように気をつけましょう。

そうすれば、今よりもっと距離が縮まるかもしれませんよ。

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)