好きな彼とのLINE、楽しいしもっと仲良くなりたい……と考えますよね。

でもあまり進展しないなと感じることはありませんか?

もしかして、彼が発する「脈なし」サインに気づいていないのかも?

そんな「告白されないから断らないけど、これ以上仲良くする気はない……」という男性からの脈なしLINEをご紹介します。

これって“脈なし”?気になる男性とのLINEをチェック

会う約束をしたがらない

「特に女として見てない子とは、LINEの雑談は楽しいけどわざわざ時間を作って会いたいわけじゃないでしょ。話の流れで『今度行こうよ』と言われたら、あいづちは打つけど約束はしないなあ。今度ね、って流しますね。

『いつヒマ?』とか具体的なことを言われたら、話題を変えたり、そこで返信しなくなることも」(27歳男性/建築)

男性にとってLINEは主に連絡ツール。アポを取ったり、何かを確認する、そんな用途で使われることが多いです。

なのに、会う約束をしようとするとはぐらかされる……。

連絡は取っていて楽しいかもしれませんが、実は脈なしなのかも?

突然の「おやすみ」

「こっちが返信する限り、永遠にLINEしてくる女子っているでしょ。だから、20時でも21時でも、こっちが面倒になったら『おやすみ』で強制終了しちゃうこともあります。

寝るから、相手できないしもう送ってこないでねーって感じ。好きな子に送るおやすみは、話がまとまって『じゃ、寝よっか』って送るものだから、全然違うよね」(25歳男性/商社)

20時~21時の「おやすみ」は脈なしのサインかも?

すごく冷たく聞こえるエピソードですが、男性なりに「急に返信しなくなると相手がもやもやしそうだから」という気づかいで、このようにしているそうです。

好きな子には話がひと段落したタイミングで「おやすみ」と言うことから、見極めやすそうです。

無視はしないけどこれ以上会話を広げる気はない、そんなときに使われるサインです。

未読スルーで2日以上

未読スルーで2日以上

「いつもは結構早く既読をつけるほうですが、恋愛対象じゃない女子には別。期待させたくないのでしばらく未読でキープします。

最低限の返信はするけど、そのまま忘れて何日も経っちゃうこともある」(23歳男性/金融)

女子が気にする「既読/未読問題」ですが、1日以内に何かのアクションがあれば脈なしとは言い切れません。

恋愛テクニックとして返信のタイミングを調整したり、仕事や自分の時間との兼ね合いで返信が遅くなったりする男性もいるためです。

ただ、2日以上も音沙汰ナシは、さすがに「脈なし」。

会話を続ける気がないしこれ以上仲良くなる気もない男性は、読まずに非表示にすることもあるそう。目安は2日にしましょう。

「LINEはするけど脈はない」ことも

「脈なし」だからといって、嫌われているとは限りません。「連絡はとるけど、脈ありではない」という距離もたしかに存在します。

ここで強引に押すのではなく、距離感を把握したうえで仲良くするという方法もあります。

「脈なし」を感じたら潔く引いてみることも大切です。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)