男性の多くは意外にも繊細で、女性よりも傷つきやすいところがあるよう。

「女心がわかってない」と女子会で盛り上がるように、男性のなかでも女性の言動に右往左往してしまう人がいるんだとか。

そこで今回は、女性のなにげない言動にプライドを傷つけられた男性たちに話を聞いてみました。

言わないで…男性のプライドを傷つけている言動とは

気を遣うなら最後まで徹底してほしい…

「彼女に出張先のお土産を買っていったら、めっちゃ喜んでくれたんです!ちょっとつまめるお菓子と置物なんですけど、後日部屋に遊びに行ったら置物は棚の端っこの方に置いてあるし、行く度にお菓子は減ってないしで……。

ひょっとして喜んでるっぽくふるまってくれただけなのかな?と。明らかに気を遣わせたこともだし、お土産選びのセンスがないと言われているようでちょっと傷つきました」(27歳/金融営業)

プレゼントの好みの問題は親しい仲であったとしてもなかなか難しいですよね。

今回はお土産とちょっと軽めのプレゼントのケースですが、彼女のために選んだものなのに、扱いが思っていたのと違うことにショックを受けたそう。

渡されたときの反応までは良かったのですが、その後の気遣いが行き届かず、結果彼のプライドを傷つけてしまうことに……。

気遣いを見せるなら最後まで徹底して、彼に気づかれないようにしましょう。

何気ないクセにショック…

「助手席に女の子乗せてドライブしていたときのこと。楽しく会話もしてたんですけど、パッと彼女の方を見たら窓上のバー持ってて……。俺ってそんな運転下手くそなのかなってちょっと凹みました」(32歳/証券会社)

何気なく彼女に「大丈夫?」と聞くと、なんのことかわからない顔をしていたそう。

彼の運転が下手だから、というよりは単なるクセで持ってしまっていたのかもしれませんね。

こんな風に、無意識にやっている何気ないクセが彼のプライドを傷つけてしまう……なんてこともあるようなので要注意です。

褒められたのかわからない…

褒められたのかわからない…

「彼女に料理を振る舞ったら、食べた彼女の感想が『健康に良さそうな味だね』と。褒めてくれたつもりだったけど、それって、薄味ってこと?ひと言『おいしかった!』だけの方が喜べたかも……と思いました」(29歳/公務員)

褒め言葉だと思ってかけた言葉が、じつは彼のプライドを傷つけていた、というパターン。

よかれと思って彼に言っていても、彼に伝わらずに傷つけてしまったなんて、悲しいですよね。

男性を褒めるときには、時と場合によって具体的に・抽象的にと使い分けてみて。

言葉選びには十分に気をつけましょう。

相手への気配りを大切に

普段の何気ない行動や会話が、ひそかに男性のプライドを傷つけてしまっていることはじつは少なくないよう。

女心を分かってない!と相手に不満を持つ前に、自分の言動も振り返ってみましょう。

男心も奥深く分かりにくい部分があるかもしれませんが、相手への配慮の気持ちを忘れずにいると、いい関係が築けるかも♡

(愛カツ編集部)